ビットコインなど仮想通貨投資銘柄を決める上で「有益な指標」を指摘する論文が発表|時価総額の欠点も

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコインなど仮想通貨投資銘柄を決める上で「有益な指標」を指摘する論文が発表|時価総額の欠点も
 

ビットコインなど仮想通貨投資銘柄を決める上で「有益な指標」を指摘する論文が発表|時価総額の欠点も

時価総額だけで仮想通貨プロジェクトの判断はできない
時価総額を主要指標としておくデメリットや、代わりと成り得る指標・メトリクスを挙げる論文が発表された。時価総額という指標の弱点を見ながら、時価総額の改善方法やプロジェクトの判断を下すのに有益な指標をまとめた。

仮想通貨界隈では、時価総額が通貨を評価する上で重要な指標の一つとして認識されているが、指標にはそれぞれ良くも悪くも仮定がある為、参考とするデータに伴う先入観というものが少なからず存在する。

そのため、一つの指標、一つの側面だけではなく、複数の面から仮想通貨プロジェクトを吟味する必要がある。

そのような中で、時価総額を主要指標としておくデメリットや、代わりと成り得る指標やメトリクスを挙げる論文が発表された

特に仮想通貨では特有のボラティリティの高さ、仮想通貨毎のプロジェクトの進捗状況、ICO調達額や発行枚数、流通量など、プロジェクトによって異なる要素が多い為、なおさら難しい。

一般的に、仮想通貨の状況を測るのに最も注目されるのが価格面だと言え、ボラティリティが高いビットコインや仮想通貨の場合は、一つのニュースで相場が大きく動くケースが幾度となく見られており、ボラティリティが低下しているのは最近の出来事である。

当時30ほどの銘柄がなかったから単純に通用したが、その後1957年に時価総額に応じてプロジェクト毎の平均を算出する「S&P500インデックス」指数が考案され、60年近く経った現在でも重要指標として投資家から重宝されている。

その為、一見して考えてみれば、時価総額という指標で仮想通貨という新しい資産クラスを測定するのも、自然な流れだったと言えるだろう。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B