ブロックチェーン業界の求人数は年間で25%増:大手求人サイトIndeedのデータ

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ブロックチェーン業界の求人数は年間で25%増:大手求人サイトIndeedのデータ
 

ブロックチェーン業界の求人数は年間で25%増:大手求人サイトIndeedのデータ

求人広告大手Indeedのデータから見るブロックチェーン業界
仮想通貨やブロックチェーンに関連した求人の検索数、すなわち求職者の興味・関心は2017年の10月から2018年の10月にかけて3.06%低下したが、求人数は1年間で25.49%増加しており、企業側のニーズは増加し続けている。
スキルに長けた人材の確保
他の求人サイトでも軒並みブロックチェーン人材の求人広告は増加を続けている。一方で、現在ブロックチェーンのプロフェッショナルが十分に足りているとは言えず、多くの企業がスキルに長けた人材の確保に苦労している。

仮想通貨やブロックチェーンの市場を分析する上で、求人数や求職者の推移は非常に有効な指標となり得る。

Coindeskが求人情報サイトIndeedから取得したデータをもとに分析を行った結果によると、ビットコインをはじめとする仮想通貨やブロックチェーンに関連した求人の検索数、すなわち求職者の興味・関心は2017年の10月から2018年の10月にかけて3.06%低下したとのこと。

求職者のブロックチェーンへの関心は昨年の水準とほぼ変わっていないことを意味している。

求人検索数は上記の通り昨年と現在でほぼ変わっていないが、Indeed社はその状況が大きく異なっていると主張する。2016年10月から2017年10月にかけては、求職者の関心は481.61%も上昇し、他方で求人側の関心も325%上昇したという。

Indeed社のVice Presidentを務めるRaj Mukherjee氏はCoinDeskに対し、

と述べている。

アメリカで多くのユーザーを集めている求人サイト大手のGlassdoorも、ブロックチェーン業界に関連した求人の需要が高まっていると言及している。

これらの求人の給与平均も年間で61.8%増加し、中央値の年収が84884ドル(約954万円)であるという。Indeedやglassdoorのデータは、今もなおブロックチェーンに関連する仕事の需要が増加し続けていることを示唆している。

求人数は増加しているものの、現在ブロックチェーンのプロフェッショナルが十分に足りているとは言えない。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B