仮想通貨大手取引所Huobi、ビットコインABCを正式に『BCH』に任命|リプレイプロテクション実装で送金再開となるか

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨大手取引所Huobi、ビットコインABCを正式に『BCH』に任命|リプレイプロテクション実装で送金再開となるか
 

仮想通貨大手取引所Huobi、ビットコインABCを正式に『BCH』に任命|リプレイプロテクション実装で送金再開となるか

HuobiはABCをBCHの後継者としてみなす。
世界取引高No.3の大手仮想通貨取引所Huobiは、ビットコインキャッシュのハードフォーク後の分裂通貨であるABCバージョンを正式のビットキャッシュとしてみなし、既存の『BCH』ティッカーを継続させると公式で発表した。

世界取引高No.3の大手仮想通貨取引所Huobi(フォビ)は、ビットコインキャッシュのハードフォーク後の分裂通貨であるABCバージョンを正式のビットキャッシュとしてみなし、既存の『BCH』ティッカーを継続させると公式で発表した。

Huobiグローバルは、ABCのチームがブロックチェーンにおけるリプレイプロテクションを確保するチェックポイントを設置したことが確認でき、BCH ABCの方が最もブロックチェーンが長いため、BCHのティッカーを保持することにした。

そして、SVバージョンを、『BSV』とする。

Houbiグローバルは、BCH(ABCバージョン)とBSVの入出金、配布、および取引再開に関して、以下の様に公表した。

よって、取引所によっては、ハードフォーク後の新通貨の開発状況(リプレイプロテクションの実装、独自のアドレスフォーマットの実装等)の実装が、通貨分岐の明確な基準としている場合もあり、このリプレイプロテクションが実装されたことによって、ユーザーは引き出しがついに開始できる可能性が高まっている。

この動きを見て、日本の取引所も通貨分岐または、付与通貨配布などに動く可能性はあるだろう。

今回ビットコインキャッシュのハードフォークは、コミュニティとチェーンの分裂、ハッシュパワー戦争、そして、価格の分離などネガティブな要素が未だ定かではないものの、世界3位のHuobiは、ABCをBCHのティッカー後継者と見なしていることは、今後両通貨の相場や開発陣にも測れない影響がもたらされるだろう。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B