米SECが2つの仮想通貨を未登録証券と判断|有価証券問題と専門家の意見

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米SECが2つの仮想通貨を未登録証券と判断|有価証券問題と専門家の意見
 

米SECが2つの仮想通貨を未登録証券と判断|有価証券問題と専門家の意見

米SECが2つの仮想通貨ICOを有価証券と判断、民事和解へ
米SECは、米時間金曜日、2つのICOプロジェクトに対する告訴にて、ICOトークンを未登録証券とみなし、投資家への返金、証券登録および罰金を課したと発表した。これは、ICOの有価証券問題における取り締まりの重要な事例となるとされている。今回もこの問題の重要性と、法律家を含む専門家の意見を引用し、今後仮想通貨業界への影響を考察した。

米時間金曜日、米国証券取引委員会(SEC)は、2つのICOプロジェクト=AirfoxとParagonに対する告訴にて、ICOトークンの発行と販売が未登録証券とみなし、民事調停(和解)を行なったと、SECのプレスリリース
によって明らかになっている。

同リリースによると、上記の両企業は、「影響された投資家へ返金を行い、トークンを有価証券と登録し、SECへ周期的な報告を提出し、罰金(≒2800万円)を支払う」ことに同意した。

また、以下が今回の判断における重要なポイントとなる。

同発表によると、有価証券と該当するトークンを提供する取引所がSECの規制に準じて登録、もしくは免除の資格を申請する必要がある事を明確化している2017年のDAO報告書が発表されてから、Airfoxは約17億円、そして、Paragonは約14億円を調達した。

SECが11月9日、未登録の証券取引所を運営した疑いで、仮想通貨分散型取引所のEtherDeltaの創設者であるZachary Coburn氏を起訴し、総額≒4400万円の罰金を課したことをコインポストで報じた。

この案件を通して、SECは今回と同じくDAO報告書を判断基準とし、EtherDeltaが「連邦証券取引法上、有価証券に該当するトークンを含むERC20トークンを提供していた」と指摘した。

そして、当時、Avakian氏はこのようにコメントした。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B