3ヵ国の中央銀行がデジタル通貨を提案|法定通貨が抱える課題の解決策となるか

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

3ヵ国の中央銀行がデジタル通貨を提案|法定通貨が抱える課題の解決策となるか
 

3ヵ国の中央銀行がデジタル通貨を提案|法定通貨が抱える課題の解決策となるか

相次ぐ中央銀行発行のデジタル通貨に対する見解が公表
カナダ銀行、シンガポール金融庁(MAS)、イングランド中央銀行(BoE)が、中央銀行のデジタル通貨(CBDC)を推奨する報告書を発表。国際送金等、法定通貨が抱える課題の解決策としての中央銀行発行のデジタル通貨(CBDC)への注目が高まりつつある。
大口金融機関向け(W-CBDC)における3つのモデル
同報告書では、W-CBDC実現に向けた3つのモデルが提案されている。それぞれのモデルは、デジタル通貨の地理的な到達範囲や受容性に基づいた分類がなされたものになっている。
国際経済の活性化への期待感
CBDCが、可用性の悪さや断片的な標準、複数の仲介業者を経由する必要性といった問題の克服に役立つと報告書内で言及。ただ、CBDC発行の可能性を考慮する必要性を認める一方で、リスク管理の重視性をも強調。

カナダ銀行、シンガポール金融庁(中央銀行)、イングランド中央銀行(BoE)は、国際送金が抱える問題解決に向けて実施可能なソリューションのひとつとして、中央銀行のデジタル通貨(CBDC)を推奨する報告書
を発表した。

CBDCに関しては、先日開催されたシンガポール・フィンテック・フェスティバルで、国際通貨基金(IMF)のChristine Lagarde専務理事もキャッシュレス社会への移行を考慮し、中央銀行が発行するデジタル通貨の可能性を探求すべきとの見解を示している。

将来的にCBDCが発行される場合、リテール(個人・小売)向け(CBDC)あるいは大口金融機関向け(W-CBDC)となる可能性が考えられる。

第1のモデルは通貨特有のもので、本国内でのみ送信及び交換が可能というものだ。現行中、或いは実施予定である、管轄区域全体における既存の支払い・決済システムやインフラの強化に基づいている。

第2つ目のモデルは、国内の管轄区域以外でも送金・交換可能な通貨固有のW-CBDCを、カナダ銀行とMAS、BoEが提案する。

第3のモデルは複数の通貨によって裏付けされており、すべての参加管轄区域内で送金・交換が出来る単独のユニバーサルなW-CBDCである。

最も理想的なモデルという印象を受けるのだが、このモデルの欠点が以下の様に同報告書で指摘されている。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B