ハッシュ戦争の影響でPoW通貨への懸念拡大、見直されるリップル(XRP)とステラの魅力|仮想通貨市況

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ハッシュ戦争の影響でPoW通貨への懸念拡大、見直されるリップル(XRP)とステラの魅力|仮想通貨市況
 

ハッシュ戦争の影響でPoW通貨への懸念拡大、見直されるリップル(XRP)とステラの魅力|仮想通貨市況

ハッシュ戦争の影響でPoW通貨への懸念拡大、避難先としてリップル(XRP)とステラが上昇か
BTC価格は2018年死守し続けてきた約65万円の最終防衛ラインをついにブレイクした事で、サポレジ転換。ハードフォーク前後は、BTCやBCHを中心に売り圧力が強まったが、PoW通貨の避難先としてリップル(XRP)とステラ(XLM)が相対的強さを発揮した。

仮想通貨市場は16日、明朝に実行されたビットコインキャッシュのハードフォークが完了し、HashWars(ハッシュ戦争)に関連する”売り圧力”の警戒感が後退し、下落相場にも一服感が広がったことで、反騰を見せた。

売られ過ぎのシグナルが出ていたことで、急反騰を見せるも、2018年死守し続けてきた約65万円の最終防衛ラインをついにブレイクした事で、下値支持線のサポートラインが、上値抵抗線のレジスタンスラインに転換しており、65万円付近までの上昇を押さえ付ける形となっている。

ビットコインキャッシュのハードフォークの結果を簡潔に説明すると、実行ブロック「556767」で、各派閥のマイニングプールが別々のBCHプロトコルのルールセットを伴うブロックをマイニングし、Bitcoin SV側がBitcoin ABCのブロックを無効としたことで、通貨分裂へと繋がった。

当初優勢だったSV派以上にハッシュレートを集中化させて力を誇示したABC派のBitcoin.comプールの影響で、ABC優勢の状況へと変化し、取引所やウォレットなどが危惧していた分裂後の混乱は一時的に免れたと言えるだろう。

PoW(プルーフ・オブ・ワーク)とは、P2P(ピアツーピア)ネットワークにおいて発言権をCPUの計算量に応じて与えるコンセンサス・アルゴリズムの1種だ。

基本的に分散型のネットワークを構築するシステムとして、非中央集権制を成り立たせる仕組みと言えるが、今回のビットコインキャッシュのハッシュ戦争(ハードフォーク騒動)は、多大な影響力を持ち合わせた派閥(集権的企業)同士の争い激化により、ネットワークの混乱を招いた事例として、仮想通貨業界に課題と教訓を残すこととなった。

特にネットワーク全体の半分以上のCPUパワーを利用して、ネットワークの操作が可能になる「51%攻撃」問題が取り沙汰されたことで、時価総額4位に位置していた主要通貨に関わる、市場の不安が急拡大した。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B