仮想通貨が合法化されたタイで未承認の取引所が増加、SECが警告

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨が合法化されたタイで未承認の取引所が増加、SECが警告

仮想通貨が合法化されたタイで未承認の取引所が増加、SECが警告

多くの企業がタイの暗号通貨業界に参入している一方、タイSEC(証券取引委員会)へ申請していない業者も多い様です。最近、タイSECは未承認の事業者達に対して警告を出しています。一方で、タイで最初の認可を受けたICOが来月開設される可能性が示唆されています。

タイでは、5月に暗号通貨が合法化されたため、暗号通貨取引所を設立したり、トークンを発行する企業が相次いでいます。

Channel 3 Newsによると、タイと韓国の合弁企業Q Exchangeは、タイで最初の「暗号通貨の銀行」を開設する計画でサービスを宣伝しています。プラットフォームは、アセアン諸国の暗号塚取引所のハブとなることを目指しており、同社のゼネラルマネージャーは、「目標は、2018年中に30以上の支店を全国に開設し、2019年には70支店に増やすこと。」と述べています。

ビジネスコリアは、韓国の仮想通貨取引所Coin25が、バンコクに子会社を設立してタイとラオスに60以上の支店を開設すると報じました。Mrc Biz社はタイでICO(イニシャル・コイン・オファリング)を推進しています。またCorexfly社は韓国のB&C社と共同で、タイでDabit取引所を設立する契約を締結していたという。

最近では、韓国の2つの大手暗号通貨取引所Upbit(アップビット)とBithumb(ビッサム)が、タイで事業を開設する計画を発表しています。

タイの暗号通貨の規則によれば、国内で暗号ビジネスを行う企業は、規制機関であるSECから承認を得る必要があります。現在までに暗号通貨取引所6社とディーラー1社のみが一時的に承認され、その他はレビュー中とされています。

既に認可された6つの取引所は以下の通りです;
Bitcoin Co. Ltd. (Bx)、Bitkub Online、Cash2coins、Satang Corporation(Tdax)、Coin Asset、東南アジアデジタル取引所(Seadex)。

現在、暗号通貨ディーラーとして一時的に承認された企業はCoins Thのみです。新しい取引所やトークン発行者はまだ許可されていません。

タイSECは、不正な暗号ビジネスとトークン発行者に警告を出してきました。タイと韓国の合弁企業Q Exchangeは警告を受けています。今月SECは、同社が承認されていないにもかかわらず、暗号通貨取引所を宣伝して顧客を集めていると指摘しました。SECはQ Exchangeに対し、広告と投資販売を停止するよう通知しています。

タイSECはまた、Mrc Bizに対して未承認でICOをタイで宣伝していると警告しました。同社が暗号ビジネスやトークン発行を許可されていないどころか、SECに申請さえしていない事を強調しました。

一方で、SEC主導の仮想通貨市場に対するポジティブな展開もあります。今月、バンコクビズ・ニュースによると、タイのSEC委員長のRapee Sucharitakul氏は、「11月に少なくとも1つのICOポータルが認可され、12月中に開始される可能性のあるICOサービスを承認することになるだろう。」と述べていました。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B