仮想通貨ビットコインが底値割れで5000ドル以下まで大暴落、相場の反発ポイントを探る

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨ビットコインが底値割れで5000ドル以下まで大暴落、相場の反発ポイントを探る
 

仮想通貨ビットコインが底値割れで5000ドル以下まで大暴落、相場の反発ポイントを探る

仮想通貨ビットコインが底値割れで5000ドル以下まで大暴落
仮想通貨ビットコインが5000ドル割れまで暴落したことで、相場の過熱感を示すRSI(3日足)は2015年1月以来の低水準まで急落。そんな中、仮想通貨投資仲介プラットフォームeToroのアナリストは、前週比約-20%の下落を記録したイオス(EOS)の買い増しが見られると指摘した。

また仮想通貨投資仲介プラットフォームeToroのシニア・アナリストで、市場分析の専門家として定評のあるMati Greepnspan氏は下落相場で、直近1、2週間では暴落が継続する中でも、eToroのユーザーの間では買い増しに走る傾向が見られていると、ユーザーのビットコイン保有量を表すチャートで指摘した。

eToroのユーザーは、この下落を機に、ビットコインの買い増しを逆張りで行っている。

図の赤い丸から11月14日以降、小さくとも確かな上昇が見られていることがわかる。

またビットコイン以外のアルトコインも相次いで下落が見られているが、eToroでは、前週比約-20%の下落を記録しているイオス(EOS)の買いが見られているとも指摘した。

また、「ビットコイン」の検索数が見られるGoogleトレンドでは、過去3ヶ月の暴落時期で、良くも悪くも話題になることから、検索数が上昇する傾向が見られる。

先週金曜日のビットコインキャッシュのハードフォークで荒れた相場により、ビットコインは前週比-10%以上の急落を記録。

過去、9月7日には、ゴールドマンサックスの仮想通貨取引デスクの計画延長が報じられ、価格の暴落につながったケースもあるが、その直後にビットコインの検索数が上昇している。

ハードフォーク前日の11月15日には、同様に仮想通貨市場全体が暴落し、9月同様、ビットコインの検索数が上昇した。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B