仮想通貨年末相場の希望:12月予定の「Bakktビットコイン先物」金融機関出身者の参考資料で解説

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨年末相場の希望:12月予定の「Bakktビットコイン先物」金融機関出身者の参考資料で解説
 

仮想通貨年末相場の希望:12月予定の「Bakktビットコイン先物」金融機関出身者の参考資料で解説

仮想通貨市場の重大転換点Bakkt
低迷する仮想通貨市場のターニングポイントとなる『Bakkt』のビットコイン先物取引が12月12日に迫る中、金融機関出身の方が作成した独自資料を元に、重要ポイントを解説。
Bakktとは
インターコンチネンタル取引所(ICE)が運営する今年8月に発表された仮想通貨取引所プラットフォーム。ビットコイン先物を筆頭に、仮想通貨を支えるインフラを提供するような商品を今後も公開していく方針。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

今回は、金融機関出身の「satogram(@satogram12)」氏から提供いただいた「自作の資料」を元に解説する。

2018年8月3日、ニューヨーク証券取引所(NYSE)の親会社である「インターコンティネンタル・エクスチェンジ(ICE)」が、仮想通貨取引所Bakktを運営することを発表。その後、2018年12月12日から、「現物決済のビットコイン先物取引」を開始する事を予告した。

特に、仮想通貨市場の課題とされる「透明性の確保」については、CFTCの監査に依る部分が大きい。

仮想通貨市場で横行する不公正取引の排除は、市場健全化の観点からも非常に重要な要素であり、各国の関係機関や規制当局も頭を抱えてきた問題だ。

Bakktの発表時には、アメリカ資産運用会社BKCMの創業者のBrian Kelly氏も、「ビットコイン市場にとって今年最大のニュースだ」と表現。米仮想通貨調査企業Ironwood Research Groupは、Bakktが、市場で注目されている「ビットコインETF」を上回るほど重要だとの考えを明かしていた。

最大の理由としては、Bakktの仮想通貨取引プラットフォームが実現する事で、機関投資家に対する参入障壁を引き下げ、需給面からも、仮想通貨市場を上昇に転じさせることが出来ると期待されているからに他ならない。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B