ビットコインの暴落で複数の仮想通貨ファンドに閉鎖危機:「High Water Mark」報酬形態が影響か

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコインの暴落で複数の仮想通貨ファンドに閉鎖危機:「High Water Mark」報酬形態が影響か
 

ビットコインの暴落で複数の仮想通貨ファンドに閉鎖危機:「High Water Mark」報酬形態が影響か

仮想通貨ファンドの懸念
モルガンクリークデジタルの創業者は、仮想通貨ファンドの報酬形態を理由に、複数のファンドが年内に閉鎖危機にあると指摘、SEC規制によるICO発行者への懸念を指摘した。

Morgan Creek Digitalの創業者であるAnthony Pompliano氏(以下、Pomp氏)は、先日11月19日に自身の情報発信サイトOff The Chainにて、仮想通貨ファンドやICO発行者への懸念を示した。

仮想通貨は、ボラテリティの高い投資対象として知られ、その価格は2017年に大幅な上昇を遂げた一方で、2018年には年間を通して大幅下落を記録し続けている。

さらに、仮想通貨市場はここ数日間でも大幅な下落を見せており、記事執筆時点でビットコインは、50万円を下回って取引されている。

そんな中Pomp氏は、仮想通貨ファンドマネージャーの「High Water Mark」方式と呼ばれる報酬形態が、仮想通貨ファンド存続が困難になっている現状に関係していると述べた。

High Water Markとは、日本語で最高水位のことを意味し、ファンドの運用額がある一定の水準を超えた部分に対して、ファンドマネージャーに追加報酬が得られる、いわゆる成果報酬型の形態と呼べる。

実際、ほとんどのファンドは、前投資期の最後であり、仮想通貨市場が最も高まっていた2017年末に最高水位を記録しているため、多くのファンドマネージャーは、その水準を超すまで成果報酬を得られないことをPomp氏は指摘している。

そして、ファンドマネージャーの総報酬額は、成果報酬に大きく左右されることから、Pomp氏は、今後、多くのファンドが閉鎖、または、最高水位を記録した2017年の基準を一新するために、閉鎖後、新たなファンドを立ち上げるといった行為が目立つようになるのではないかと予想した。

つまり、彼らの成果報酬額が明らかになる年末にかけて、残り60日ほどで、複数の仮想通貨ファンドが閉鎖される可能性を示唆した。

Pomp氏は、仮想通貨ファンドだけでなく、ICO発行者にも危機が迫っていることについても強調した。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B