ビットコイン先物取引提供予定のBakktが「来年1月24日」まで延期|延期理由と相場への影響

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコイン先物取引提供予定のBakktが「来年1月24日」まで延期|延期理由と相場への影響
 

ビットコイン先物取引提供予定のBakktが「来年1月24日」まで延期|延期理由と相場への影響

重要ファンダメンタルズに影響|Bakktビットコイン先物取引開始が2019年1月24日まで延期
ビットコインの先物取引開始を12月12日に予定していた仮想通貨取引プラットフォームのBakktが取引開始日を2019年1月24日までに延期する事を発表した。

仮想通貨市場の筆頭となるビットコインの下落が先週から続く中、さらに大きいニュースが報道された。
12月12日に取引開始が予定されていたBakktのビットコイン先物取引が来月の1月24日まで延期されることが発表された

Bakktの運営元であるインターコンチネンタル取引所は米国政府の法律に則った取引所なので規制に準じている必要がある。

8月に発表され、CNBCのBrian Kelly氏が「ビットコイン市場にとって今年最大のニュースだ」と称した仮想通貨取引プラットフォームBakktはニューヨーク証券取引所を運営するインターコンチネンタル取引所(ICE)が運営している為、仮想通貨界隈ではビットコインETFの申請認可より重要だと評価する声も少なくない。

下落相場にある仮想通貨市場ではあるが、Bakktが12月に控えていたことで、年末の仮想通貨市場に向けて市場回復の引き金となることが期待視されていた部分もあり、今回Bakktのビットコイン先物取引の延期発表によって、短期的な相場へも影響した可能性は否めない。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B