VanEck子会社、業界初ビットコインOTCスポット・インデックスを開始|ETFなど機関投資家向け商品開発促進へ

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

VanEck子会社、業界初ビットコインOTCスポット・インデックスを開始|ETFなど機関投資家向け商品開発促進へ
 

VanEck子会社、業界初ビットコインOTCスポット・インデックスを開始|ETFなど機関投資家向け商品開発促進へ

VanEck社の子会社:ビットコインOTCスポット・インデックス開始
米証券取引委員会(SEC)の可否判断を待っている数々のビットコインETFの中で、最も有力視されているVanEck社の子会社MV Index Solutions社 (MVIS)が、11月20日、ビットコインOTCスポット・インデックス開始を発表。このインデックス商品は、機関投資家に、OTC市場における透明な価格に基づいて機関規模の取引を行うためのさらなるツールを提供する可能性を持っているという。

仮想通貨相場の暴落が続く中でも、その投資環境は進化し続けているようだ。

米証券取引委員会(SEC)の可否判断を待っている数々のビットコインETFの中で、最も有力視されているのが、VanEck・SolidXによる申請だが、そのVanEck社の子会社である、MV Index Solutions社 (MVIS)が、11月20日、ビットコインOTCスポット・インデックス開始を発表した。

ドイツに本拠を置くMVIS社は、投資が可能な総合ベンチマーク指標であるMVIS指標を開発、監視、ライセンス供与している。

同社の発表によると、2018年10月31日現在、約140億米ドル(約1兆5777億円)の運用資産がMVIS指数に基づく金融商品に投資されているという。

MVIS社の、米ドル建の価格データに基づいたデジタル資産インデックス(商品名=MVIS ビットコイン US スポットインデックス、MVBTCO)は、Circle Trade社、Cumberland社とGenesis Trading社を含むビットコインOTC取引の主要プロバイダー3社の出来高の追跡に基づいたビットコインのスポット価格を提供する。

MVIS社の業務執行取締役、Thomas Kettner氏は、OTC取引を行う顧客にとって、このインデックスは、取引や将来の投資判断のための、信頼できる指標となるだろうと述べている。

今回のOTC取引の価格データを使用するという決定は、SECが表明したビットコインETFへの懸念への対応の一環と考えられる。

SECは、過度に変動する価格指数がビットコインETF製品の安定性に影響を与え、仮想通貨取引所における市場操作が起こりかねないとしていた。

VanEck社は、OTC取引の価格データの信頼性が、市場操作の影響を受けにくいビットコイン価格指数を創出し、最終的には、SECがVanEck社のビットコインETF承認へと舵を切ることを期待しているようだ。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B