リップル(XRP)は多くの仮想通貨相場が下落ムードの中上昇の動きをみせる、今後もこの勢いを続けることは出来るのか?-11月16日チャート分析

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

リップル(XRP)は多くの仮想通貨相場が下落ムードの中上昇の動きをみせる、今後もこの勢いを続けることは出来るのか?-11月16日チャート分析

リップル(XRP)は多くの仮想通貨相場が下落ムードの中上昇の動きをみせる、今後もこの勢いを続けることは出来るのか?-11月16日チャート分析

11月14日、仮想通貨ビットコイン(BTC)を始めとする多くの仮想通貨相場が暴落をみせました。今回の下落相場を作り出した大きな要因として仮想通貨ビットコインキャッシュ(BTH)のハードフォークでの内部紛争が考えられる状況となっています。そんな中、仮想通貨リップル(XRP)は逆に上昇の動きを見せ始めています。リップルのチャートを確認していきます。

11月14日の暴落以降、下落ムードが漂っている仮想通貨市場ですが、そんな中仮想通貨リップルは24時間内値動きが上向きになっていることが印象に残ります。

そもそも今回の下落相場が形成された大きな要因としてビットコインキャッシュ(BCH)のコンセンサスを巡る競争であり、その中には「51%攻撃」という言葉も出ています。51%攻撃とは、ネットワーク全体の採掘速度を51%以上支配することで、不正な取引の正当化や、正当な取引の拒否等が行えてしまうことです。51%攻撃はPoW通貨で可能となる可能性のある行為であり、PoW通貨であるビットコインやビットコインキャッシュはその警戒感から急激に下落したと考えられています。そんな中PoW通貨とは異なっているリップルは仮想通貨の中の避難先として現在買われている可能性が高まっています。

XRP/BTCの日足チャートをみていきます。XRPチャートでは他の市場同様に11月14日に一度大きく下落をみせています。ところがBTCやBCHと比較してその下落率は低く、更にはすぐに反発の動きをみせており、11月14日のローソク足ではなく、長い下ヒゲとして下落の動きを残すこととなりました。更に下落分を回復させたXRPはその後も上昇の動きをみせており、現在11月6日のレジスタンスラインである0.000086BTC台に接触する動きまで確認されました。

本日11月16日現在は、レジスタンスラインに反発を受け、陰線を形成しながら少し下落方向へ傾きだしたXRPではありますが、MACDは依然ベクトルを上方へ向けており、ダイバージェンスが発生しています。現在はレジスタンスラインに反発を受けている最中ですが、今後レジスタンスラインを突破する可能性も十分に秘めていると考えて良いかもしれません。

今後XRPの動きに注意する点として、やはりBTCやBCHの値動きということになります。現在BCHのハッシュ戦争は解決には至っていませんが、今後解決の方向へ向かいだした場合、市場では再びXRPからその他の仮想通貨へ流れこむ可能性も十分にあります。チャート上では今後も上昇を期待できる展開ではありますが、その他の通貨チャートをよく確認しながら取引は行う方が良いでしょう。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B