機関投資家参入のカギとされる仮想通貨保険サービスの現状|想定カバレッジ額は6600億円超

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

機関投資家参入のカギとされる仮想通貨保険サービスの現状|想定カバレッジ額は6600億円超
 

機関投資家参入のカギとされる仮想通貨保険サービスの現状|想定カバレッジ額は6600億円超

60億ドル超と言われる仮想通貨保険サービス市場事情
ウォール街の機関投資家は、仮想通貨市場へ参入するに当たって、新しい資産を安全に保管する有資格のカストディアンと、ハッキングなどの盗難に対する保険サービスを必要不可欠な要件として提示し始めている。カバレッジ総額が約6600億円にもなり得る仮想通貨保険サービス業界の現状をまとめた。

保険会社のAon Risk SolutionsのQuintal氏は、仮想通貨関連の犯罪保険は需要に対して明らかに遅れを取っていると述べた。

保険サービスは機関投資家が仮想通貨に参入する為に最も重要である。

株や債権と違い仮想通貨は無記名資産であり、一度犯罪者が秘密鍵を手に入れたら、資産は紛失してしまう。

そのため、機関投資家のこの資産クラスへの参入は、さらにリスクを複雑化すると見られている。

現在仮想通貨の保険サービス不足の理由の1つは、保険会社がリスクを計れる前例が無いことが挙げられており、ワシントンDCの法律事務所のパートナーであるDaniel J. Healy氏は、次のように述べた。

特に注目するべき点は、サンフランシスコに本拠を置く大手取引所Coinbaseで、市場の約2億5000万ドル相当の補償を受けている模様。

これについて保険ブローカーのMarsh&McLennanのマネージングディレクターであるSpore氏は、単一の会社の保険の補償範囲について、

と語っており、実際の対象範囲はもう少し小規模なものかもしれない。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B