米司法省などの動きに関連し、テザーからXRP(リップル)への資金流入が活性化|仮想通貨市況

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米司法省などの動きに関連し、テザーからXRP(リップル)への資金流入が活性化|仮想通貨市況
 

米司法省などの動きに関連し、テザーからXRP(リップル)への資金流入が活性化|仮想通貨市況

仮想通貨市場
XRP Chartsのデータでは、世界最大級の仮想通貨取引所BinanceやOKEx、Huobiなどで、ビットコイン(BTC)よりも、テザー(USDT)から流入が多いことが確認できる。現在報じられている、米司法省と米商品先物取引委員会の動きにも注目が集まる。

公式XRP Chartsでは、各取引所内のXRP取引の内訳が確認できる。

世界最大級の仮想通貨取引所Binance、OKEx、Huobiなどの取引所で、ビットコイン(BTC)よりもテザー(USDT)からの流入が多く、XRP Trade Volumeでは、バイナンスのUSDT/XRPが約62%、OKExのUSDT/XRPでは約88%を占めていることが分かる。

また、ビットコインキャッシュの分裂騒動がきっかけで、BTCをはじめとする仮想通貨全体が強い下落に見舞われており、安定通貨ならではの低いボラティリティや反発後の回復の早さなど、このタイミングで一際注目を集めていることは間違いないだろう。

本日のビットコイン価格は、三角保ち合いの中を推移してから保ち合いを抜けたことで、下目線に進んでいる状況となっている。

上記のチャートから確認すると、下落方向へ進む場合、49万2000円付近が一つの節目となる。

水色のライン(49万2000円)から黄色ライン(52万6000円)でのレンジ内でしばらく進むことが予想され、どちらかのラインを割って進むかによって、今後の方向性が示されていくだろう。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B