シンガポール省庁:ブロックチェーン技術を活用した次世代都市開発に向け、複数のスタートアップ企業に出資

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

シンガポール省庁:ブロックチェーン技術を活用した次世代都市開発に向け、複数のスタートアップ企業に出資
 

シンガポール省庁:ブロックチェーン技術を活用した次世代都市開発に向け、複数のスタートアップ企業に出資

シンガポール:ブロックチェーン産業の活性化に向けた取り組み
シンガポールは、中国と共同でブロックチェーン産業を後押しするなど、様々な取り組みを推進しており、IoTを用いた次世代型の社会基盤「スマートシティ」実現に向け、着実に歩みを進めている。

フィンテック外の分野においての普及こそが、ブロックチェーン技術を広く普及させるため、その技術のさらなる発展に重要な役割を担うと言及した。

シンガポールはブロックチェーン技術において、多くの分野(特にフィンテック以外の分野)との相互運用性が十分に確立されていないと考えており、以下のように言及している。

IMDAによって支援を受けるため、企業は3つの条件を満たしている必要があると記述された。

まず一つが、企業へのブロックチェーン技術の普及に注力していること。

最後に、支援対象となる企業は、中国やアメリカのシリコンバレーなどの海外ブロックチェーンコミュニティと関係を持っている必要があるとされている。

さらにIMDAは、今年の初めに自国のブロックチェーンエコシステムを活性化することを目的として、ブロックチェーン技術を活用し、先見的なソリューションを提供する企業に報酬を与える「Blockchain Callenge」と呼ばれる取り組みも開始している。

このようなIMDAの取り組みに加え、シンガポールは、ブロックチェーン技術を使用したスマートシティの実現に向け、様々な取り組みを開始している。

8月末には、シンガポール政府は中国政府と共同でChina Singapore ICM Joint Innovation Development Fundを設立しており、両国でブロックチェーン技術、IoT(Internet of Things、モノのインターネット)、人工知能(AI)関連の企業に出資を行なっている。

シンガポール政府が所有する投資会社Temasek Holdingsでも、今後長期的なトレンドになると予想されている人工知能および、ブロックチェーン技術という2つの分野に特化した新しいチームが編成されることが明らかになっている。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B