マイニングプールF2Pool社CEO「2020年のビットコインの半減期はエコシステムに影響しない」

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

マイニングプールF2Pool社CEO「2020年のビットコインの半減期はエコシステムに影響しない」

マイニングプールF2Pool社CEO「2020年のビットコインの半減期はエコシステムに影響しない」

世界で6番目に大きい暗号通貨マイニングプールF2PoolのCEO、Mao Shixing氏は、ビットコインの半減期が暗号通貨のエコシステムにほとんど影響を与えないと考えていると語りました。19日に金色財経、及び8btcが報じました。

ビットコインの半減期はBTCのインフレ率を下げるよう設定されており、ブロック報酬は現行の12.5 BTCから6.25 BTCに減少します。このイベントは、2009年に開設されたBTCネットワーク上で4年毎、または210,000ブロック毎に発生。次回は18か月後の2020年3月頃に予定されています。

Mao氏は、2020年に起こると予想されるビットコインの半減期について、コミュニティがすでに準備しているため大きな影響はないと指摘しました;

「我々は、ビットコイン(BTC)の次の半減期に向けて準備しているため、このイベントはBTCエコシステムにほとんど影響を与えないと考えています。さらに、暗号通貨を掘削するために使用するナノメートルサイズのチップは、採掘設備のライフサイクルを増長させ、採掘マシンの投資モデルは異なっているだろう。」

一部の人は、採掘報酬が減少してもマイナーは引き続きコンピューティングパワーを維持、または増加させる可能性があると考えています。なぜなら、BTCの生成量が抑えられる一方で、投資家の購入が促進されると考えているからです。半減期に向けた採掘事業の投資収益の見通しについて、Mao氏は慎重な見方を示唆しました;

「マイニング設備からの投資収入は、時間の経過とともに平準化されるだろう。将来的に暗号通貨のマイニングは、専用の家電製品に基づいているだろう。この事は、BTCマイナーの劇的な増加につながり、ビットコイン・エコシステムのプレイヤーは爆発的な成長を見せるだろう。」

Mao氏は、半減期前後のビットコインの価格について予測することを拒みました。同氏は続けて、マイナーがこの逆境をチャンスに変えるために何ができるかと聞かれ、以下のように答えました;

「昨年の暗号市場のバブルでは、ほとんどの暗号通貨が史上最高価格を記録しました。この事は、新しいマイナーを引き付け、ネットワークにハッシュパワーを付加。益々多くの電力を消費しました。BTCの価格が下落した今、過剰な電力消費は危機につながるだろう。

マイナーは、リスクをコントロールし、そのレバレッジを削減する必要があります。重要なことは生き残ることです。将来的にはクラウドコンピューティングやAIで動作する採掘機器や、暗号通貨を採掘するための家電製品が、このスペースの方向性となります。」

今年8月、F2Poolは損益分岐点となる、暗号通貨の価格を明らかにしました。当時、Antimer S9が利益を上げ続けるには、1BTC=36,792元(5,376ドル:602,112円)を上回る必要がある事が示されました。T9やS7のような他のBTC採掘マシンは既に利益を上げていませんでした。

22日時点、ビットコイン価格は5,376ドルを大幅に下回り、マイナーは大きな打撃を受けています。過去3ヶ月間、F2Poolは長引いた弱気市場で数百万元(数千万円)の損失を被りました。現在、同社は暗号の冬に耐えられるよう、さらにコストを削減するための技術改善に取り組んでいます。

最近、ドイツのNorthern Bitcoin社は、ノルウェーのLefdal Mineにあるグリーンエネルギーを利用して、ビットコイン当たりわずか2,700ドル(約30万円)の採掘コストを実現しました。フィヨルドを利用した水力エネルギー源を利用するこの施設は、旧鉱山の奥深くにあり、電磁パルス攻撃などの要素に対して自然な保護を提供する特徴があります。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B