ビットコイン(BTC)のライトニングネットワークが大幅な拡大、10日間で300%増

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコイン(BTC)のライトニングネットワークが大幅な拡大、10日間で300%増

ビットコイン(BTC)のライトニングネットワークが大幅な拡大、10日間で300%増

最新の価格低下にもかかわらず、ライトニングネットワークが大幅な拡大を遂げています。コインデスクによると、Lightning Labsの開発者Alex Bosworthが管理しているブログ「Yalls」は、ライトニングネットワーク(LN)で、大量の小額決済を処理する事に成功しているという。

今年3月にローンチしたLightning Network(LN)は、ネットワーク取引手数料を回避して、ブロックチェーンから離れて(オフチェーン)、安価で高速にマイクロペイメント(小額決済)を実現する、ビットコインの第2層(セカンドレイヤー)スケーリング・ソリューションです。ノードの参加者が増えるほど、ネットワークの性能(速度や手数料の安さ)が向上するとされます。

最新の価格低下にもかかわらず、LNは大幅な進歩を遂げています。13日、LNのキャパシティが123 BTCで過去最高値を更新しました。その後、ネットワークは300%近く拡大し、データリソースの1MLによると、24日時点に445BTCを観測しています。

これは、ペイメントチャネルに200万ドル(約2.2億円)近くのBTCを保持できることを意味します。同時に、チャンネル数は12,360に増加しました。ノード数は過去10日間で8%増加しています。

Alex Bosworth氏によると、今年4月から11月初旬にかけて、「Yalls」ブログの参加者が約2万件のトランザクションを処理したいう。Yallsの記事を読むには、約1セント、投稿にコメントを残すのに0.5セント、絵文字で投稿にリプライするには10セントかかります。

Bosworth氏は、「マイクロペイメントの素晴らしさの1つは、ウェブに匿名性を再びもたらしていることです。私は、人々の個人情報がユーザー名とパスワードに紐づけられる必要はないと考えています。」と語る。

読者はYallsでLightningのノード&チャネルシステムを利用できる。「たぶん人々はまだウォレットを持っていないかもしれない…Yallsのアプリページに行くと、それに接続できます。」とBosworth氏は説明します。

これまでに読者は、このプラットフォームを介して118以上のLightningノードを開設しました。その多くは、ブロックチェーン上で最終決済される前に、少額がユーザ間で行き来するペイメント・チャネルを促進しています。

2018年7月から11月初めまでに、170の新しい記事が投稿され、675件の絵文字リプライ(約7000円)と194件のコメントを、読者が支払いました。「数円単位なので、各々の請求書は少額です」とBosworth氏は述べる。

Bosworthによれば、ルーティングフィーとして、月に約5ドルの収入があるため、ノードオペレータの中には数ヶ月間チャネルを運用する人もいます。これは現段階で、出版ビジネスモデルには到底及びませんが、熱心な読者が、プラットフォームの幅広いインフラに貢献できる可能性を強調しています。

荒らしやスパム・マーケティングがタダでコメント欄を埋めつくす可能性があるため、従来のメディアがしばしばソーシャルメディアの管理に苦戦してきた事を踏まえて、同氏は「マイクロペイメントは、ロボットやスパムが介入しないので、スパムを抑制できます。」と語る。

Bosworth氏にとって、このブログはあくまでも趣味です。対応するLightningノードの搭乗プロセスを使用しているため、定期的に読者数や支払いを追跡していません。要求に応じて4月〜11月のデータをコインデスクに提供しました。

同氏はサイトを販売せず、寄付を募ってもいません。それでも、ビットコイン・ファンは高い関心を寄せている事は明らかです。

「サイト立ち上げ当初に、ノードをオンラインに保つ上で問題がありました。ノードがダウンすると、記事が読めなくなり、サイト上で何もできなくなりました。ノードをベビーシットするのに苦労しました。…時間が経つと、ノードはかなり安定してきました。」

一方、Bosworth氏は、この種の資金がプロのメディアで機能するには、数年かかると述べています。まず、Lightningで使いやすい暗号ウォレットまたはノードを操作する方法を知る人はほとんどいません。一般的な暗号リテラシーは極めてわずかです。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B