BitMEX CEO「将来的な価値が疑問視される12の仮想通貨プロジェクト」を公表

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

BitMEX CEO「将来的な価値が疑問視される12の仮想通貨プロジェクト」を公表
 

BitMEX CEO「将来的な価値が疑問視される12の仮想通貨プロジェクト」を公表

BitMEX CEO「将来的な価値が疑問視される12のICOプロジェクト」を公表
香港を拠点とする仮想通貨取引BitMEXのアーサー・ヘイズCEOが、「将来的な価値が疑問視される12のICOプロジェクト」を公表した。
ICOからSTOなどに潮流が移り変わりつつある仮想通貨業界だが、BITMEX CEOは、巨額資金を集めたプロジェクトに疑問を呈している。

いずれも5000万ドル以上の資金を調達したICOプロジェクトだが、未だ流通市場に上場していない。

ヘイズCEOは、自身の考えではあるものの、これらのトークンのほとんど、またはすべてが、将来的な価値を持たないと確信しているようだ。

これらの取引は巨額の評価額を受けており、最も崇拝されるトークンファンドは多額の資金を調達した。

(しかし)これらの取引が流通市場に上場することがあるとしても、いつになるかは不明だ。

ヘイズCEOはこれらのトークンを大量に購入したファンドが、上場前に割引ベースでトークンを売却することを検討しているとの「事例報告」を受けたとも宣言し、話題になっている。

通常巨額ICOへの投資には、ロック期間が設けられるなど、大口が一気に売却できない仕組みが設けられているが、その期間後の売却を危惧しているものと思われる。

ヘイズCEOの発言は単なる懸念によるものではない。

Q3に発表されたICOのうち10万ドル以上の資金を調達したプロジェクトは57%で、76.15%のプロジェクトは「アイデア」の段階であり、実際に上場したのはたった4%にとどまったようだ。

一方で、優良なプロジェクトは、SECなどに認可をもらう形での「STO」へ変わりつつある動きもある。業界全体の動きが、新たな方向へ変化しているという見方もできるだろう。

もう一つ、米国証券取引委員会(SEC)によるプロジェクトを対象とした介入と圧力が増したことも市場を敏感にさせているようだ。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B