ジブラルタルの取引所GBXが金融サービス委員会の完全ライセンスを取得、証券市場の顧客向けのサービスへ前進

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ジブラルタルの取引所GBXが金融サービス委員会の完全ライセンスを取得、証券市場の顧客向けのサービスへ前進

ジブラルタルの取引所GBXが金融サービス委員会の完全ライセンスを取得、証券市場の顧客向けのサービスへ前進

22日、ジブラルタル・ブロックチェーン・エクスチェンジ (GBX)は、規制されているブロックチェーン取引所を運用するために必要な、ジブラルタル金融サービス委員会(GFSC)のライセンスを取得した事を発表しました。

イベリア半島(スペイン)の南にあるイギリスの海外領土、ジブラルタルを本拠とするGBXは、機関投資家レベルのICOトークン販売プラットフォームと仮想通貨取引所を目指しています。同社は既存のジブラルタル証券取引所(GBS)の顧客を対象にしています。

最近、GBXは「分散台帳技術ライセンスカテゴリ3」を交付されました。これは、GFSCのDLT規制枠組み内で授与可能な最高位のライセンスです。GBX社CEOのニック・コーワン氏は以下のように述べています;

「世界的に有数のデジタル資産取引所の中から、GBXはDLTプロバイダとしての認可を確保しました。今日の発表は、世界をリードする機関レベルのトークン販売プラットフォームと、デジタル資産取引所の構築を目指すという当社の野望を補強します。」

コーワン氏は、当初からGBXの目標は「効果的なリスクベースの統制」を備えた規制された取引所を構築する事だという。道は長くて困難だったが、ジブラルタルの金融監督当局からの支持を得たことで、一つのマイルストーンをクリアした。

実際に、委員会からライセンスを得るのに約180日かかった。GBXは規制当局による申請書の初期リスク評価を受けた後、GFSCにプレゼンテーションを行い、事業計画の詳細と、委員会のDLT規制枠組み(1*)を、いかに遵守するかを説明した。

ジブラルタル・ブロックチェーン・エクスチェンジ(GBX)は、ジブラルタル証券取引所(GSXグループ)の子会社です。GSXグループは、2017年にICO(イニシャル・コイン・オファリング)で、GBXを開設しました。

GBXは2018年7月に暗号通貨取引所のラインを開設しています。「GBXデジタル資産取引所」と呼ばれるこのプラットフォームは、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、イーサリアム・クラシック、取引所トークン「ロックトークン(RKT)」をサポートします。バイナンスコイン(BNB)と同様、GBXトレーダーは「RKTコイン」を使用して、取引・上場・およびスポンサー費用を支払うことができます。

GBXデジタル資産取引所は、米ドルにも対応している。取引所は、他の法定通貨を追加する予定です。

「ジブラルタルは、スマートで効率的な規制の適切な組み合わせを作成しました。ブロックチェーン企業の繁栄を促進しながら、一方で世界の暗号スペースの宝庫としてその管轄権を位置づけています。重要な点は、ジブラルタルには、持続可能な発展と長期的な開発が無ければ、イノベーションが起き得ないという認識があることです。私はこのトレンドが数年間続くのを楽しみにしています。」

(1*)ジブラルタル金融サービス委員会(GFSC)のDLT規制枠組みは、2018年1月1日に発効しました。ジブラルタルで、DLT(ブロックチェーンとも)を使用して、他人の価値を保管または送信する企業は、GFSCからライセンスを得なければならない。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B