リップル社の戦略トップ:「仮想通貨XRPは現在ビットコインよりも実用的だ」

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

リップル社の戦略トップ:「仮想通貨XRPは現在ビットコインよりも実用的だ」
 

リップル社の戦略トップ:「仮想通貨XRPは現在ビットコインよりも実用的だ」

リップル社の戦略トップがXRPの優位性を主張
同社の最高戦略責任者を務めるCory Johnson氏は先日、XRPが今やビットコインよりも使用されており、実用的な通貨であり、BTCネットワークが”劣った”テクノロジーであるとし、XRPに実装される技術はより優れたものであると主張。
Techonomy18 Conferenceでの発言
同氏はFinTechのカンファレンスに出席し、リップル社の成長戦略について言及。同氏が入社した3月当時は、新たな契約が6週間おきに決まっていたが、今では6日ごとに新たな契約が決まっており、盤石な顧客基盤を築きつつあると明かした。

外部の投資家にRipple社をアピールするべく、同社は今年3月にJohnson氏を最高戦略責任者トとして招いた。同氏は米有力メディアBloomberg Televisionの総合編集長を併任しており、市場への影響力を買われて本ポジションに抜擢されている模様だ。

同氏はこれまでにもRipple社の宣伝として多くのポジティブな意見を発信し続けてきた。

同氏はこのように続けて、

と述べ、Ripple社の製品の優位性を声高に示している。

同氏はまた、今月18,19日にかけて米カリフォルニア州で行われたFinTech(フィンテック)に関するカンファレンス「Techonomy18」にスピーカーとして出席し、「クロスボーダーにおける仮想通貨の決済」という題目のインタビューを受けた格好だ。

また、同社は顧客に安定したサービスを提供するため、スタッフを150人から300人にまで拡大し、同社の製品が必需品となることを見込んでさらなる人材確保を続けていくという。

実際に、現在XRPの需要は以前に増して多くの需要を集めている。Ripple社のQ3売上報告書では、XRPの企業向けの売上が前四半期比594%増加したと記載されており、実際に機関への販売実績が上がっていることが明らかになっている。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B