【週刊】仮想通貨ニュースまとめ!11/19~11/25の重要ニュースを一気読み

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

【週刊】仮想通貨ニュースまとめ!11/19~11/25の重要ニュースを一気読み

【週刊】仮想通貨ニュースまとめ!11/19~11/25の重要ニュースを一気読み

11月19日から11月25日までの1週間を振り返りたいと思います。この1週間も多くの仮想通貨ニュースが生まれました。忙しくてなかなか仮想通貨ニュースをチェックできない方も、この記事をご覧頂ければどんな出来事が起こっていたかを把握できるはずです。

スイスのスタートアップAmun AG社が組成するクリプトETP(上場投資商品)「HODL」は、今週水曜日、スイス証券取引所(SIX)で取引が開始される様です。シリアルアントレプレナーで知られるAmun社CEOのHany Rashwan氏は、クリプトETPについて、Trustnodesに語りました。

※要約
Rashwan氏曰く、「スイスETP」はフルに担保される仕組みであり、規則にもそのような記載があります。担保の手段として同氏は、原資産をカストディに保管するよう、マーケットメーカーが背後で暗号通貨を取引する仕組みを、パブリックブロックチェーンで構築したようです。なお、技術的な仕様は明かされていません。

2018年の仮想通貨相場は、それまでと一変して大暴落相場、そして低迷相場を経験することとなりました。
相場は右肩上がりの時期もあれば、またその逆もあります。2018年11月後半時点では、大底から若干ながら新たな展開も期待できそうな状況にも見えますが、年末にかけてどう動くのか注目されるところです。

また今年はその難しい相場ゆえ、すでに損失を確定してしまった人や、あるいは、含み損を抱えてしまっている人が大半であると思われますが、ここでは仮想通貨取引での損失と、確定申告や税金の関係について徹底解説します。

暗号通貨ファクトム(FCT)は7日間に90%上昇しました。市場のほとんどが停滞する間に逆行高となっています。14日に発表された、ファクトムのブロックチェーン・アズ・ア・サービス(BaaS)が、米国の大手不動産ベンダーAltisource傘下の抵当ソフトウェア企業Equatorへ統合されるというニュースが媒介と見られています。

イーサリアムワールドニュースは 、ドイツのフランクフルトを拠点としたMVインデックス ソリューションという企業が、MVIS Bitcoin US ITC スポットインデックスを開発したと報告しました。

このインデックスはアメリカで OTC使って価格を決める初めてのものです。

ブロックチェーンベースのビデオゲーム「プレイグハンターズ (Plague Hunters) 」が、ソニーに承認され、ビデオゲーム機のプレイステーション 4に近日中に登場すると報じられました。ソニーの厳格な承認プロセスをパスした初のイーサリアムブロックチェーンベースのゲームとなります。

11月16日に、ビットコインキャッシュ(BCH)がBitcoin ABCとBitcoin SVのチェーンに分割してから1週間が経過。2つの競合するチェーン間の争いは終焉の兆しは見えません。ABCのリーダー格であるロジャー・バー氏と、SVの主な指導者クレイグ・ライト氏やカルバン・エアー氏との舌戦は、ツイッターで連日繰り広げられています。

この度は仮想通貨の時価総額10位にランクインしているトロン(TRON/TRX)のCEOジャスティンサン氏に独占インタビューを行わせて頂きました。トロンは2019年の1月17日~1月18日に「niTROn SUMMIT」を開催予定でして、既に元NBAバスケスターで“投資の天才”コービー・ブライアント氏の登壇も決定しています。今後も重要なスピーカーが続々と発表される予定です。

※コイン東京も「niTROn SUMMIT」をメディアパートナーとして支援させて頂きます。
※今回はメールインタビューになります。近日中に直接インタビューも公開予定です。

SBIリップルアジアと日本カード情報セキュリティ協議会がカード不正使用対策にブロックチェーンを導入していきます。

米国の大手Eコマース小売業者Overstock.com(オーバーストック)は、小売業向けのビジネスを売却し、関連するブロックチェーンの新興企業にフォーカスする計画を発表しました。その後、株価が急騰しています。

暗号市場と同様に、米国、韓国、中国は株式市場で大規模な損失を観測しています。世界の従来の金融市場の不安定な混乱期には、価値の保存先として暗号通貨は期待されています。しかし、この数週間、世界経済と暗号通貨市場はどちらも低調です。デジタルゴールドと称される新たな資産クラスは、少なくとも現時点、市場の不確実性を回避できてない事が示されています。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B