ビットコイン下落相場が2014年と類似 下落を受けマイニング機器停止事例も|仮想通貨市況

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコイン下落相場が2014年と類似 下落を受けマイニング機器停止事例も|仮想通貨市況
 

ビットコイン下落相場が2014年と類似 下落を受けマイニング機器停止事例も|仮想通貨市況

仮想通貨市場
ビットコイン価格は26日、年初来安値更新後に急反発を見せるも、依然厳しい状況が続いている。損益分岐点が危ぶまれる仮想通貨マイニング事業に関して、ビットコインのトップ3マイニングプールのうちの1社が現状を語った。

重要ラインとして見られていた3562ドル付近(約40万円)で、時間足レベルでの逆山尊形成後、否定せずに肯定し大きな上昇を見せたのは、今回の下落相場において初めての動きになったが、一つ前のサポートラインになっていた4170ドル付近(約47万円)のラインがレジスタンスラインとして、依然相場の上値を抑えており、大きな価格続伸には繋がっていない。

年初から続く下落相場の下落率は、ビットコイン史上最高値の221万4028円から「83%」の下落率を記録しており、2014年から2015年にかけて403日間に及ぶ下落相場によって記録された「86.3%」の下落率に近づいている。

注目点は類似チャートからみる底値到達までに要する期間になるが、2014年と同様の動きが見られれば、現状から底値到達まで、そこまで長い期間は要しないのではないかといった見方がでできている。

同氏は、自身が運営するF2pool自体のハッシュレートも10%以上減っている事を明らかにしており、ビットコイン価格下落の影響が、マイニング業界に陰を落とす原因になっていることを示唆している。

先日も、中小規模のマイニング工場が経営を維持するに苦しめられており、古いマシンのパートを重量単位(キログラム)で売却している動きがツイッターで指摘されていたばかりで、特に自社でマイニングマシンの供給ができない中小企業に打撃を与えている様子が伝えられた。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B