ビットコイン重要ラインでの「逆三尊」形成後の急反発は初、仮想通貨市場の暴落劇を見る専門家の意見

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコイン重要ラインでの「逆三尊」形成後の急反発は初、仮想通貨市場の暴落劇を見る専門家の意見
 

ビットコイン重要ラインでの「逆三尊」形成後の急反発は初、仮想通貨市場の暴落劇を見る専門家の意見

ビットコインが反発
大幅な下落が続く仮想通貨市場だが、ビットコインは今年最安値の39万台を記録後に反発し、45万円台まで回復した。下値重要ラインにおける時間足レベルの逆三尊から、+10%級の急反発を見せたのは直近では初であり、11月の暴落劇の中で注目のポイントとなる。

時価総額3位のイーサリアムは一時、100ドルを割り、2017年5月以来となる2桁へと下落したが、その後反発し120ドル(13000円)近くまで値を戻した。

ビットコインならびにイーサリウムのテクニカル指標である日足のRSIは、いずれも売られ過ぎの状態を大きく超過する10%台から20%台への復調が見られているが、いずれも下落トレンドが厳しく出ていた現在の相場では機能していない。

今年の底値となった39万1100円は、ビットコイン史上最高値の221万4028円から83%近い減少を記録。 しかし、このような劇的な暴落は今回が初めてではなく、誕生後10年に渡るビットコインの過去の価格動向を振り返ると、2011年、2013年、2015年におきた大幅な価格修正時期の平均値は85%となっている。

ここ数ヶ月相場の相関性も指摘されている株式市場とビットコイン相場。

米国のサンクスギビングなどを目前に株価が大きく下落していた傾向が見受けられており、ビットコインの下落相場の後押しをしたとの見方も出ていた。

しかし、2025年の国際博覧会が大阪に決定したことなど、経済効果が期待される形で、26日の寄り付きの東京株式市場は、小幅高で始まっっており、ビットコイン相場の戻す状況として、悪い状況ではないと言えるだろう。

今回の暴落劇の中で、下落後に時間足レベルでの逆山尊形成後、否定せずに肯定して大きな上昇を見せたのは初となるが、この反発ラインは、暴騰水準に当たる2017年9月水準での意識される重要ライン付近で、明確に形成したことは大きな意味を持つだろう。

しかし、水色のトレンドラインと上部に存在する4170ドル付近のレジスタンスラインで、跳ね返されている動きも確認されており、下落トレンドの終わり、またトレンド転換するかどうかの重要局面である見方も強まっていることが予想される。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B