ブロックチェーンはインターネットの様な身近な技術になれるか

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ブロックチェーンはインターネットの様な身近な技術になれるか
 

ブロックチェーンはインターネットの様な身近な技術になれるか

専門家の主張
複雑なブロックチェーン技術を単純化することを目標に掲げているスタートアップClovyrの共同創業者兼CEOのBaldet氏は、将来的にあるべき形として、企業が独自のプライベートチェーンを所有し、分散型のパブリックチェーンがそれらを繋げる役割を果たすべきと主張した。
現時点でのユースケース
ブロックチェーン技術は、将来的にインターネットと同様、あらゆる人々に使用可能になると示唆された。その先駆けとして、IBM、デロイト、HSBCなどが既にブロックチェーン技術を使用した取り組みを開始している。

そして、各企業は、それぞれのプライベートブロックチェーンを所有すると共に、それに互換性のあるオープンで分散されたパブリックブロックチェーンの存在も必要不可欠になると言及した。

つまり、彼女は単一のパブリックブロックチェーンが複雑な計算を行い、膨大な数のスマートコントラクトを処理し、全ての取引を処理するのではなく、あらゆる場所でプライベートブロックチェーンが使用され、イーサリアムのようなパブリックブロックチェーンは、あくまでもそれらを繋ぎ合わせるものとしての役割を担うべきであると述べているのである。

各企業がパブリックブロックチェーンを使用すべきでない理由として、スケーラビリティ、や匿名性の問題が挙げられている。

さらに、パブリックチェーンがもともと合せ持つ、フルブロードキャストという特性自体が匿名性を重要視するビジネス利用に向いていないと主張された。

このことからBaldet氏は以下のように述べている。

Baldet氏は、現状のブロックチェーン業界は、当時高価なコンサルタントなしではWebを企業に採用できなかった1990年代に似ていると言及し、以下のように主張した。

現在ブロックチェーンは、世界中のビジネスの1%に相当する、高価なコンサルティング料を支払える企業にのみ、大きな革新を与えている。

しかし、当時コンサルタントのみによって使用可能であったWebも現在は広く普及し、あらゆる人々がドメイン名を取得し、オンラインショップなどの定型のシステムを使用できるようになっている。

Baldet氏が示唆する通り、現状では、世界に存在する99%のビジネスにとってブロックチェーン技術は縁もゆかりもないものだ。

しかし、1990年代にそうであったように、高価なコンサルティング料を支払える大企業では、新しい技術の普及は着々と始まってきている。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B