東京五輪や大阪万博決定を受け「キャッシュレス化」が急加速|仮想通貨にも追い風か

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

東京五輪や大阪万博決定を受け「キャッシュレス化」が急加速|仮想通貨にも追い風か
 

東京五輪や大阪万博決定を受け「キャッシュレス化」が急加速|仮想通貨にも追い風か

日本のキャッシュレス化促進
2016年時点で、キャッシュレス決済比率が20%に留まる日本(韓国96.4%)だが、東京五輪や大阪万博の決定を受けキャッシュレス化への動きが加速しつつある。仮想通貨業界への追い風となり得るか。

海外主要国のキャッシュレス比率の推移と比較するとその差は歴然であり、欧米は2016年時点で軒並み50%越え、不現金決済時の還付制度や小規模店への手数料規制などを設けた韓国では、96.4%と脅威のキャッシュレス決済比率を示している。

昨今の日本における、キャッシュレス化への動きは顕著で、政府も経済対策の一環として、注力している様子が伺える。

2020年夏に控える東京五輪のほか、新たに2025年の国際博覧会(万博)開催地が大阪に決定しており、断続的な外国人観光客の拡大によって、今後日本におけるキャッシュレス化促進の動きが、一気に活性化することが予想されている。

労働基準法での賃金は、現金の支払いが原則ではあるが、キャッシュレス決済の普及にも対応していく意向であると報道されているが、現状では電子マネーの範囲がどこまで及ぶか定かではないため、仮想通貨業界においても話題を呼んだ動きとなる。

また、民間企業の車内キャッシュレス化も進み始めている。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B