韓国アプリ大手のカカオとステーブルコインプロジェクト「Terra」が提携

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

韓国アプリ大手のカカオとステーブルコインプロジェクト「Terra」が提携
 

韓国アプリ大手のカカオとステーブルコインプロジェクト「Terra」が提携

韓国モバイルアプリ最大手カカオとステーブルコインプロジェクトのテラが提携
カカオは今年初め、ブロックチェーン関連子会社のGround Xを立ち上げ、自社開発のブロックチェーン開発プラットフォーム「Klaytn」に9社のパートナーを発表するなど、LINEとは対照的な戦略をとっている。

カカオはモバイルアプリであるカカオトークを傘下に持ち、韓国国内市場では最大のシェアを持つ。

今年初めに独自のブロックチェーン技術を開発すべく、完全子会社のGround X社の立ち上げを発表していた。

Ground X社は、同社独自のブロックチェーンを用いたプラットフォームであるクレイトン(Klaytn)を10月にリリースした。

クレイトンは、分散型アプリケーションであるdApps(Decentralized Applications)を開発することのできるプラットフォームであり、10月以降、自社製のdApps開発を目指す複数の韓国企業との提携を発表してきている。

一方テラは、韓国発のステーブルコイン関連プロジェクトだ。

テラの特徴は、テラ(Terra=「地球」の意味)と対になる準備金であるルナ(Luna=「月」の意味)の存在により、価格変動を抑えるという点にある。

Lunaは、法定通貨に紐づけられており、結果としてLunaもTerraも価格変動が抑えられる。

テラの仕組みの詳細については、以下の動画を参照。

韓国にある複数のITスタートアップがブロックチェーン化を狙うため、このリバースICOを通じて、クレイトンのプラットフォーム上に参加している

テラの動きも興味深い。

ステーブルコイン自体は、テラ以外にも様々なプロジェクトが動いており、それに期待する声も多い。

そもそもテラは、韓国の大手ショッピングサイトであるTMONのCEOであるDaniel Shin氏が立ち上げたスタートアップだ。

そのため、テラはTMONを通じて決済用の仮想通貨としての地位を築こうとするものとみられる。すでに投資家から巨額の資金調達を行っているのみならず、E-コマースの巨大経済圏を射程に収められるのは非常に有望であるとみられる。

こうした背景に加えて、テラとルナを対にすることで「ステーブルコインがステーブルコインを安定させる」という仕組みを提示したことによる将来性に注目が集まっている。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B