トッパンフォームズとZEROBILLBANK JAPANがデータ流通分野で協業。ブロックチェーン技術の活用へ【PressRelease】

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

トッパンフォームズとZEROBILLBANK JAPANがデータ流通分野で協業。ブロックチェーン技術の活用へ【PressRelease】

トッパンフォームズとZEROBILLBANK JAPANがデータ流通分野で協業。ブロックチェーン技術の活用へ【PressRelease】

トッパン・フォームズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 坂田甲一、以下トッパンフォームズ)とZEROBILLBANK JAPAN株式会社(ゼロビルバンク・ジャパン、本社:東京都千代田区、代表取締役 堀口純一、以下ZBB)は、トッパンフォームズのデータ流通プラットフォームとZBBのブロックチェーンおよびスマートコントラクトの技術を連携させたサービスを共同開発します。今後、両社は実証実験などを通じてデータ流通の安全性や実効性を検証し、企業間における新たな情報連携サービスの提供を目指します。

トッパンフォームズは、高いセキュリティ環境でパーソナルデータの保管・管理をする「PDS(パーソナルデータストア)」を中心とした、データ流通プラットフォームを構築しています。

ZBBは、ブロックチェーンとスマートコントラクトをAPIとして使用できるプラットフォーム「ZBB CORE」を開発・提供しています。既存のシステムやサービスと連携して大量のデータを効果的に収集しながら、複数の企業間でセキュアに共有・交換・活用できる次世代トークンエコノミーの構築を目指しています。

両社が提供するサービス基盤を連携することで、円滑な情報共有というブロックチェーンの利便性を確保しつつ、パーソナルデータや機密情報を高いセキュリティ環境で保管・管理を行います。これまで煩雑であった契約手続きなどの効率化・自動化に貢献するスマートコントラクトを活用した仕組みで、新たな市場創出や企業のオープンイノベーションを支援していきます。

近年、IoT機器の普及により日々のライフログやヘルスケア情報などさまざまなパーソナルデータが生成されています。国内では、法制度を含むデータ流通環境の整備が進み、データ流通の市場が創造・拡大しています。一方、ブロックチェーン上にパーソナルデータを流通させることは、暗号化などのセキュリティ対策がされているとはいえ、取り扱いが難しいことが課題でした。
これらのデータ流通において、パーソナルデータをPDSで管理しながらブロックチェーン技術と連携することにより、透明性および信頼性を確保し、企業・団体側にとって利便性の高い仕組みとすることで、新たなサービスの創出などが期待されています。

両社は今後、実証実験などを通じてデータ流通の安全性などの検証を行い、企業間における新しい情報連携サービスの実現を目指します。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B