香港の仮想通貨取引所、ハッキングリスクに対応した保険やカストディサービスなどの補償制度が必須に

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

香港の仮想通貨取引所、ハッキングリスクに対応した保険やカストディサービスなどの補償制度が必須に
 

香港の仮想通貨取引所、ハッキングリスクに対応した保険やカストディサービスなどの補償制度が必須に

仮想通貨ハッキングなどの盗難リスクに対応した補償整備
香港SFCは、仮想通貨ホットウォレットに保管された仮想資産の100%、コールドストレージにある仮想資産の大部分(95%など)の補償体制を保険などで保証する必要があるとした。

香港SFCは、仮想通貨投資において、大きなリスクが存在することを前提とし、消費者保護を最優先として、その基準を作成していることが伺える。

例えば、詐欺的プロジェクトが目立ち、未登録証券も存在しているとして、仮想通貨分野において最もリスクが高い分野の一つとされるICO投資を一定期間以降に制限するなど、消費者保護を念頭においた基準が目立った。

その中でも一際注目されているのが、取引所がハッキングなどにより所有仮想通貨を紛失した際の補償である。SFCは、仮想通貨関連のプラットフォーム運営者に対し、保険をかける必要性について、以下のように記述した。

「保険要項プラットフォーム運営者は、仮想資産のカストディにおけるハッキングなどの盗難リスクに対処するため、保険要項に則ってそのプラットフォームを運営する必要がある。

SFCは一般的に、プラットフォーム上のホットウォレットに保有されている仮想資産の100%、コールドストレージに保有されている仮想資産の大部分(95%など)の補償を保証しなければならない。」

実際、日本、韓国、インドなど世界中の仮想通貨取引所が2017年〜2018年にかけてハッキングを受け、顧客の仮想資産が何度も危険に晒されたことを考慮すると、この保険の必要性は、妥当であると言えるだろう。

InVault社のCEOを務めるKenneth Xu氏(以下、Xu氏)は、保有仮想通貨の補償という既述の新基準を満たすため、現時点で中規模の保険会社2社と話し合いを進めていることを明かした。

香港では、既述の新基準だけでなく、今後仮想通貨関連プラットフォーム運営の規制も整備されていくと考えられている。

さらに、シンガポールもアジアで仮想通貨分野の規制が確立されてきている国の一つである、同国の公式機関であるシンガポール金融管理局も先日、仮想通貨関連プラットフォームへの新しい規制を公開した。

Xu氏は、アジアにおける仮想通貨カストディサービスの需要は、このような主に規制透明性が高い香港やシンガポールで高くなると予想しており、Standard&Poorの評価でも、香港がAA+評価、シンガポールがAAA評価を得ている。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B