米財務省が歴史上初、サイバー犯罪利用の「仮想通貨ビットコインのアドレス」を特定、経済制裁対象リストに追加|事件の重要性を解説

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米財務省が歴史上初、サイバー犯罪利用の「仮想通貨ビットコインのアドレス」を特定、経済制裁対象リストに追加|事件の重要性を解説
 

米財務省が歴史上初、サイバー犯罪利用の「仮想通貨ビットコインのアドレス」を特定、経済制裁対象リストに追加|事件の重要性を解説

米財務省が初めて犯罪利用の仮想通貨ビットコインのアドレスを特定し経済制裁対象リストに追加
米国財務省は、ランサムウェアなどのサイバー犯罪に加担した人物に対して経済制裁を課し、歴史上初となる米財務省によるビットコイン・アドレスの特定と公表 、経済制裁対象リストに追加を行なった。本記事では、専門家の意見を元に、同事件の重要性を解説する。

この事件の重要性を、人気仮想通貨ウォレットBlockchainの社長兼「米国デラウェア州公認の国際通貨基金(IMF)のブロックチェーンアンバサダーおよび法律アドバイザーを務めるMarco Santori氏の解説をピックアップしているため、取りあげて説明する。

同ランサムウェアは、米国の様々な企業や組織のデータを盗み、ビットコインを身代金に要求する極めて悪質な犯罪事例として挙げられていた。

さらに、米国の仮想通貨(名前は明かされていない)も含む、40以上の取引所を利用していたことも指摘されている。

米国からの経済制裁を受けているイランとの2国間の問題を通し、今回の事件に関して、財務省所属の「テロ/金融情報局」の副長官を務めるSigal Mandelker氏は以下のように述べた。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B