米CFTCがスマート・コントラクトの入門書を発行|既存の金融規制に該当すると言及

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米CFTCがスマート・コントラクトの入門書を発行|既存の金融規制に該当すると言及
 

米CFTCがスマート・コントラクトの入門書を発行|既存の金融規制に該当すると言及

米商品先物取引委員会(CFTC) がブロックチェーンのスマート・コントラクトの入門書を発行
米CFTCは米国時間火曜日、スマートコントラクトに対する教育本位の入門書を発表した。特筆すべきは「スマートコントラクトが既存の金融規制に該当する点」だ。

の2点である。

この入門書はCFTC内部で特にフィンテックに関する分野に集中する部門として設立されたLabCFTCから発行されたもので、公式な法としてよりも教育目的の材料として発表されたものである。

入門書ではまず「スマートコントラクト」を定義づけ、その歴史、特徴、そして日常生活に影響する応用の可能性まで説明している。

またコストや時間削減などの利点も挙げながら、それに対するリスクや課題なども取り上げており、運用面、技術面、サイバーセキュリティ、詐欺や偽装などで克服しなければいけない部分も記述されている。

また法的な面からも、商品取引所法(Commodity Exchange Act, CEA)やAML法などの金融法管下の元で管理されるを明言している。そして、投資家の資産を守る為にすべてのトランザクションはCEA管轄の元で行うことを確保すると述べている。

CFTCの理事であるBrian Quintenzは以前にもスマートコントラクトによる予測市場の設計に対し警告をしており、Augur(REPトークン)による「予測(賭博)市場」まで確認された事により取り締まり強化への注意を呼び掛けていた。

また米証券取引委員会(SEC)は先日、スマートコントラクトによる分散型取引所EtherDeltaを未登録取引所とし、創設者であるZachary Coburn氏を起訴、4400万円相当の罰金を課した他、さらに今後ERC20トークン(スマートコントタクトによって作られる仮想通貨)を有価証券とみなすかも検討している。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B