米保健当局、食品衛生管理にブロックチェーン導入検討|米国内O157流行が背景

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米保健当局、食品衛生管理にブロックチェーン導入検討|米国内O157流行が背景
 

米保健当局、食品衛生管理にブロックチェーン導入検討|米国内O157流行が背景

米保健当局:食品衛生管理にブロックチェーン導入か
最近アメリカとカナダにおいて、ロメインレタスを摂取したことが原因で、腸管出血性大腸菌O-157とみられる感染が急激に広がっている。そうした中、食品衛生管理の改善に乗り出すFDAはブロックチェーン技術の導入を検討している。

現在、米国食品医薬品庁(FDA)、アメリカ疾病管理予防センター(CDC)などの保健当局は調査を進めているが、原因としては、カリフォルニア州北中部に位置するセントラルコーストで栽培されたロメインレタスであるとの見方が強い。

CDCはロメインレタスを食べることのないよう、注意喚起をしている。

このように食品衛生の問題が米国内で噴出する動きを背景に、米国食品医薬品庁(FDA)は食品衛生管理の向上を目的に、より優れた食品の追跡ツール導入を検討し、ブロックチェーン利用も視野に入れている。

米最大手スーパーマーケットウォルマートは、報道されたように、IBMのブロックチェーン基盤の独自フードサプライチェーンネットワーク”IBM Food Trust”に参画、今回起用されたYiannas氏も、ウォルマートの葉物野菜などの品質を管理するため、サプライチェーンへのブロックチェーン技術導入に携わっていた。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B