高級腕時計メーカーChronoswissがNEMブロックチェーンを用いた所有権管理システムをローンチ

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

高級腕時計メーカーChronoswissがNEMブロックチェーンを用いた所有権管理システムをローンチ

高級腕時計メーカーChronoswissがNEMブロックチェーンを用いた所有権管理システムをローンチ

月曜日、スイスの高級腕時計メーカーChronoswiss AGと偽造防止ソリューションプロバイダーLuxTag Sdn Bhdは、ユーザーが時計の所有権を管理し、ブロックチェーン上に製品を登録することを可能にするプラットフォーム「blockchainseries.ch」をローンチしました。

1983年創業のクロノスイス(Chronoswiss)と、Lux Tag、そしてフィンテックと暗号通貨会社テックビューロ欧州(Tech Bureau Europe SA)が、高級時計を購入可能なプラットフォームを共同開発しました。

ユーザーはプラットフォーム「choronoswiss.luxtag.io」にアクセスして、クリプトエディション・ウォッチの所有権を主張できます。プラットフォームは、NEMのアポスティーユ(公証機能)を活用し、偽造を防ぎ、安全な証明、過去の所有者や新たなメモをブロックチェーンに保管します。さらにユーザーはブロックチェーンを搭載したウェブとモバイルアプリケーションを通じて、暗号ライン高級時計のタグ付けと追跡を行うこともできます。

時計の参照番号、シリアル番号、キャリバーなどの特性情報が、NEMブロックチェーンに登録されます。商品ごとにユニークなQRコードと説明書のセットが含まれるカードが付属されます。所有者は商品ごとにブロックチェーン証明書を生成できます。ヴァーチャル証明書を介して、時計の製造履歴を追跡し、所有権の管理、信頼性が検証されます。

現在までに、同社のアプリは、5種類の暗号通貨に基づいた腕時計でテストされました。今年第2四半期に、各ライン毎に101個の限定版時計が、デジタル資産を使って事前販売されています。

LuxTagはクロノスイスとテックビューロに3ヶ月間、技術的に協力しました。転送可能なデジタル証明書、ブロックチェーンタグ付ウェブアプリケーションの技術開発、コンサルティング、実装で貢献しました。

NEMブロックチェーンのAPIとSDKを利用した開発は非常にスピーディです。今年5月に、NEM財団アドバイザリーJeff McDonald氏は、LuxTagによるNEMの採用について語っていました。

「イーサリアムの場合は、フィンガープリントなどの証書を保管する場合、仮想マシンに保管する必要がある。ゼロから複雑なスマートコントラクトを構築する必要がある。一方、NEMの場合は、APIとSDKで補えるため、よりスケーラブルで安価で容易なソリューションと言えます。これは今日のアンドロイドやiPhoneの仕事を同様に、既存のアプリに接続する仕組みです。LuxTagはNEMが既に持つ多くのツールにアクセスします。」

「例えば、NEMは商品ごとにユニークな証明書コンテナを作成して、情報を含めることができます。他のプラットフォームでは、卒業証明のフィンガープリントを保管している。卒業証書のオリジナルが消失すると、その場合フィンガープリントも損なわれます。一方、NEMは、フィンガープリントに関連する卒業証書の全情報をブロックチェーンに含めることができます。同様にAPIを介して、車や時計など、全ての所有権のフィンガープリントに日付などのメモを添付して保管でき、人から人へ送付できます。」

今月、マレーシアの文部省(MoE)は学位証明書の偽造対策に取り組むブロックチェーンベースのシステム「e-Scroll」をローンチしました。e-Scrollシステムは、証明書データをNEMブロックチェーンに保存します。学位証明書に印刷されたQRコードがスキャンされると、数秒以内にオンライン認証を提供します。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B