米コインベースがジーキャッシュ(ZEC)の預金開始。Saplingフォークを経て採用促進へ

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米コインベースがジーキャッシュ(ZEC)の預金開始。Saplingフォークを経て採用促進へ

米コインベースがジーキャッシュ(ZEC)の預金開始。Saplingフォークを経て採用促進へ

米国の暗号資産取引所コインベースは金曜日未明、熟練トレーダー向けのプラットフォームCoinbase Proで、匿名性通貨ジーキャッシュ(ZEC)の入金を開始した事を発表しました。取引は流動性が確立されるのを待つため、少なくとも12時間以後に開始されます。

最初の取引ペアは、米ドルと1:1の比で裏付けられた同社のステーブルコイン、USDコイン(USDC)の予定です。通常通り、ジーキャッシュの取引は当初、ニューヨーク州を除く米国、英国、欧州、カナダ、シンガポール、オーストラリアで利用可能。コインベースの大衆向けプラットフォームのサポートや各種機能が、段階的に追加される予定です。発表直後、CoinMarketCapによると、ZECは17.63%上昇しました。

コインベースは今年7月、5つの暗号資産の追加を検討すると発表しました。ジーキャッシュはその1つです。同社が模索すると挙げた5つのトークンのうち3つ(BAT、ZRX、ZEC)が既に追加されました。残るはステラ(XLM)、カルダノ(ADA)です。

今年5月、米国のニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)に規制された暗号資産取引所Gemini(ジェミナイ)が、ジーキャッシュ(ZEC)のサポートを発表しました。当時、ライセンスを持つ取引所が世界で初めてZECを上場した事で注目が高まり、コインは40%以上高騰しました。

30日朝時点、ジーキャッシュは1ZEC=9,770円、時価総額521億円で市場19位にランクする暗号資産です。コインの最大の特徴は秘匿性であり、透明アドレスとシールドアドレスの2つを使い分ける機能を有します。

コインベースは、おそらく規制とセキュリティ上の理由から、透明アドレスとシールドアドレスの両方の入金を受け付ける一方、透明アドレスへの出金のみを許可しています。

コインベースによると、透明アドレスとシールドアドレスの違いは、暗号化されていないHTTPと暗号化されたHTTPSの区別に似ています。後者ではzk-SNARKSアルゴリズムが、通信または取引に関連するメタデータを保護します。

シールドアドレスの取引が使用するアルゴリズムzk-SNARKS(ゼロ知識証明)は、膨大な計算能力を必要としていました。シールドアドレスの取引プロセスには40秒以上かかることがあり、1GBのメモリが必要、場合によっては、7分、3 GBのメモリが必要でした。

しかし10月末のSaplingアップグレードにより、効率的になりました。ジーキャッシュによると、シールド取引を構築する時間要件は90%、メモリ要件は97%減少しました。つまり、わずか40MBのメモリで数秒でシールドトランザクションを実行できます。

Saplingは、ジーキャッシュを使用する上での障壁を軽減し、プライバシーの強みを強調する重要なステップです。今後さらなる取引所、ベンダーによる採用が期待されています。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B