インテル(Intel)が「エネルギー効率が良い、高性能なビットコインマイニング技術」の特許を取得

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

インテル(Intel)が「エネルギー効率が良い、高性能なビットコインマイニング技術」の特許を取得

インテル(Intel)が「エネルギー効率が良い、高性能なビットコインマイニング技術」の特許を取得

米Intelは、暗号通貨のマイニング効率を高めると主張するプロセッサーの特許を取得しました。27日付けで米国特許商標庁に付与されたIntelの特許は、ビットコインのようなSHA-256アルゴリズムの採掘にかかる高エネルギー消費に対処するよう設計されています。

現在のシステムよりもプロセッサーのエネルギー効率を高めるため、インテルは標準的な特定用途向け集積回路(ASIC)よりも一歩進んだチップを開発したようです。

ビットコインマイナーは、トランザクションの承認にコンピューティングパワー(ハッシュ)を提供して、ブロック報酬および取引手数料を受け取ります。マイニングに使用する、特定用途向け集積回路(ASIC)などのハードウェアアクセラレータは、32ビットのナンス、ビット列の処理に大量のエネルギーを必要とします。

Bitmain社のAntminersのような現在のASICは、このデータを複数の段階で処理しています。一方、インテルのマイニングプロセスは、トランザクション固有のデータを1回で処理します。これによりプロセスの効率が低下する可能性があります。特許は以下のように述べています;

「ビットコイン専用の採掘ASICは、複数のSHA-256エンジンを実装するために使用されます。200ワット以上の電力を消費しながら毎秒数千ものハッシュのパフォーマンスを提供する。本開示の実施形態は、ビットコイン採掘コンピュテーションにおいて、特定のパラメータを選択的にハードワイヤーすることを含む、マイクロアーキテクチャ最適化を使用する。」

これらのパラメータをハードワイヤー(実現)すると、トランザクション検証とブロックの採掘に必要な時間、エネルギー、および冗長プロセスの量を削減する構想です。特許のシステムはチップに必要な電力量を、15%削減すると推定されています。

実際、エネルギー消費とコストは、暗号通貨マイナーが現在直面している最大の課題の2つです。先週、国内インターネット大手GMOは、採掘事業が今年第3四半期に営業赤字が6億円となった事を発表しました。

2015年、Intelはクアルコムや21 Incと提携して、採掘事業向けにASICチップ「BitSplit」を生産しました。21 Incは後にEarn.comに改名し、最終的に米Coinbaseに買収されています。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B