カナダ上場企業Squire MiningがCoinGeekを買収「公開企業として最大のクリプト鉱山に」

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

カナダ上場企業Squire MiningがCoinGeekを買収「公開企業として最大のクリプト鉱山に」

カナダ上場企業Squire MiningがCoinGeekを買収「公開企業として最大のクリプト鉱山に」

カナダ証券取引所(CSE)上場企業Squire Mining(スクエア・マイニング)は、CoinGeek(コインギーク)およびその関連会社が所有する暗号マイニング資産の取得について合意に至った事を発表しました。「これは、今後CoinGeek Technologies Ltdとして知られる、世界最大の公開されたクリプト採掘操業の確立への道を切り開く」、とCoinGeekは報じています。

Squire社CEOのTaras Kulyk氏は次のように述べています;

「CoinGeek.comとCoinGeekの名称の買収により、この契約はSquireに有名なブランドを提供します。さらに当社を、公開企業としては世界最大のビットコイン採掘会社にします。Squireは、2019年に商用化を目指す、成長目覚ましいチップ設計と製造事業を垂直統合することにより、大幅な株主価値を実現することが期待されています。」

当契約に基づき、Squireは推定960,000 THまたは約90 MWの電力消費を意味する62,440 ASIC採掘リグを含むCoinGeekの資産を引き受ける。CoinGeekによれば、これらの資産は、米国(35,940リグ)、カナダ(6,000リグ)、カザフスタン(20,500リグ)の主要プロバイダによって運用されている。トータルの暗号マイニング資産のパフォーマンスは、$0.073/kWhだという。

この契約は企業評価4533万USドル(約50億円)で、11月29日時点のSquire株の終値0.23 USドルに基づいて、2586万USドル(約28億円)に相当する1億1480万株で構成される。CoinGeekによると、1940万ドル(約22億円)の無担保ベンダーテイクバックノートも受け取る予定です。これは追加のSquare株に転換できる。CoinGeekは取得した普通株式を自主的にロックアップすることに合意している。

Squireは、ConGeek社の従業員およびコンサルタントを資産の管理および運営の一部とする取り決めに合意している。また、CoinGeek.comのウェブサイトとドメイン、ならびに同社に関連するマーケティングおよび広告資産を取得します。Squireはまた、CoinGeekの優れたグローバル流通契約を取得する、これはSquire製ASICチップおよびリグのために活かされる予定です。

Squareは以前、CoinGeekに対してASICチップと採掘リグのプロモーション、マーケティング、販売、募集、流通する排他的権利を与えていた。販売対象はBitcoin SVやアルトコインのマイナーであった。

CoinGeekブランドのオーナー、Calvin Ayre氏は次のように述べています。

「私は、この業界の次の成長フェーズが我々の下にあると考えています。つまり企業がこの技術を利用するのに必要なスループットに対応するための、ビットコイン・ブロックチェーンの大規模なスケーリングを意味します。採掘事業とCoinGeekブランド資産をSquireに売却することで、私はビットコインの成功へのコミットメントを倍掛けしています。これらの資産によって、Squire Mining Ltdはグローバルレベルで競争でき、ブロックチェーン技術のエンタープライズ利用の道を切り開き、さらなる繁栄を可能にします。」

Squire Mining (SQR)は、特定用途向け集積回路(ASIC)チップおよびビットコイン採掘装置の製造と販売に特化したカナダの会社で、電子機器大手のサムスンとGaonchipsと提携しています。同社は今年末(または2019年)までに次世代の10nm ASICチップの開発を予定しています。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B