リップル社規制関連担当Dan Morgan「アジア市場に最も関心」|爆発的需要増加に繋がるか

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

リップル社規制関連担当Dan Morgan「アジア市場に最も関心」|爆発的需要増加に繋がるか
 

リップル社規制関連担当Dan Morgan「アジア市場に最も関心」|爆発的需要増加に繋がるか

アジア市場への関心
リップルのヨーロッパ規制関連担当のDan Morgan氏が、同社がアジア市場に最も関心を持っていると発言。ASEAN諸国内外の国際決済において、リップルがシームレスな取引を実現するとの見解を示した。

同氏はアジアに注目する理由の一つとして、規制が整備されている国が多いことを挙げている。タイや日本では、他国よりも仮想通貨規制の整備が進んでおり、特にタイでは規制によってサイアム商業銀行がデジタル資産関連にアクティブに取り組んでいる点などが魅力的だと述べている。

リップル社は以前からアジアの普及ポテンシャルの高さについて度々言及を続けてきた。9月28日には、リップル社がアジアにおけるコルレス銀行の非効率性についてHPで言及した。

国際的流動性の非効率性は、世界的に国際決済における妨げとなってきた。しかし、この問題は特にASEAN諸国において顕著だ。ASEAN諸国ではコルレス銀行のサービスが不十分であるためだ。その結果、この地域における国際決済は非効率的なうえに手数料が上乗せされてきた。

ASEAN諸国では、国際決済に基準が無いことで現状ではコストが余分にかかっているという。コルレス銀行のシステムに頼る隣国同士の決済においては、まずUSドルに換金したうえでコルレス銀行間での送金を行い、ようやく現地の通貨に換金することになるからだ。

こうした複雑な手続きにより2回に及ぶ両替によるものを含めた多くの手数料が必要になる。結果として、SME(Small to Medium Enterprise:中小企業)の決済の手助けとなるサービスはほとんど、あるいはまったく存在しないのが現状だ。

タイでは個人、機関ともに多くの投資家がデジタル資産市場に参入してきている。さらに、政府による現実的かつ協力的なアプローチによって消費者や金融機関を保護する政策が生まれ、タイをASEAN諸国におけるデジタル資産のハブに育てつつある。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B