アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)が、2つのブロックチェーン製品を発表

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)が、2つのブロックチェーン製品を発表

アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)が、2つのブロックチェーン製品を発表

28日、米国企業アマゾンのクラウドコンピューティング部門、アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)は、ブロックチェーンに関連した2つの新製品を発表しました。

これまでAWSは「ブロックチェーンテンプレート」を提供していました。クライアントはイーサリアムかHyperledger Fabricに基づいてブロックチェーンネットワークを展開できました。

この2つのプロトコルは、引き続きAWSの新製品「Amazon Managed Blockchain」でも中心的な役割を果たします。このサービスにより、クライアントは完全に“管理されたブロックチェーン”ネットワークを構築できます。アマゾンによると、このサービスは数百万のトランザクションに対応し、数千のアプリケーションを処理できるという。現時点では、“管理されたブロックチェーン”製品はHyperledger Fabricをサポートしており、イーサリアムのサポートは今後数か月以内にライブになる予定です。

AWSのもう一つの新製品は、「Quantum Ledger Database」であり、ブロックチェーンプラットフォームではなく台帳データベースであり「トラストされた中央管理者が所有する、暗号で検証可能なトランザクションログ」を提供する。先述の“管理されたブロックチェーン”のネットワーク活動をQLDBにインポートして、活動を分析し、傾向を識別できます。

「ブロックチェーンを求める顧客の話を聞いたとき、彼らが本当に欲しいものと矛盾があるように感じました。そして、当社は顧客と協力して、彼らが解決したい仕事を突き止める事に時間を費やしました。そのため、これは顧客がブロックチェーンを使ってやりたい物になっていると思います。」

IBM、オラクル、マイクロソフト・アジュールなどの他の主要なクラウドコンピューティングプロバイダも、クライアントにブロックチェーンベースのサービスを提供しています。

この分野で先行している巨人の一人は、マイクロソフトのクラウドサービス「Microsoft Azure」です。マイクロソフト社は2015年11月にConsenSys(コンセンシス)と提携。エンタープライズクライアントと開発者が単一のクリッククラウドベースのブロックチェーン開発環境を持てるよう、Microsoft Azureで「Ethereum Blockchain as Service(EBaaS)」を提供すると発表しました。

中国の検索大手バイドゥ(Baidu)のクラウドプロジェクトは「Baidu Cloud Blockchain」と呼ばれます。「BaiduクラウドABC」の技術群と「Baiduのスーパーチェーン」の先進的なアーキテクチャで構築されるBaidu Cloud Blockchainは、ブロックチェーン商用化に向けたフルソリューションで、エンタープライズユーザー向けにすぐに使用できるブロックチェーン技術と製品を提供します。

10月、アマゾンウェブサービス(AWS)の中国部門は暗号通貨Qtumとの提携を発表しました。AWSは、企業および開発者向けのBaaSソリューションとしてQtumブロックチェーンを提供していましたが、これを強化しています。QtumはAWS中国と協力して、様々な顧客にコンタクトする意向を表明しました。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B