世界最大手カストディ機関ステート・ストリート社、市場参入はまだ検討中も「仮想通貨への関心は高い」

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

世界最大手カストディ機関ステート・ストリート社、市場参入はまだ検討中も「仮想通貨への関心は高い」
 

世界最大手カストディ機関ステート・ストリート社、市場参入はまだ検討中も「仮想通貨への関心は高い」

大型金融企業State Street社関係者が仮想通貨カストディについて言及
先月行われた金融カンファレンスで世界一の規模を誇るカストディ提供企業ステート・ストリート社の関係者が、同社の顧客から仮想通貨に対する関心は高いとしたものの、市場参入に対する危機感は感じていないと発言。だが今後の展開次第では、カストディサービスを提供する可能性を示唆した。

先月末(11月29・30日)、米ニューヨーク州で開催された金融カンファレンス「Block|FS」に参加したステート・ストリート社米国支部、デジタル商品の開発・イノベーション部門のマネジング・ディレクターであるJay Biancamano氏は、ウォール街における仮想通貨に対する関心は高いものの、機関投資家向けのカストディーサービスを提供しなければいけないという「危機感」は未だ感じていないと述べた。

このようにまだ慎重な姿勢は見せつつも、同社ユーザーからの需要次第では今後の仮想通貨業界参入の可能性を否まない様子だ。

また今後を見据えると2019年1月にはBakktのビットコイン先物取引の開始が予定されている為、ビットコインが4000ドルまで価格が下がっている中でも、仮想通貨界隈の機関投資家を迎え入れる準備は着々と整っている。

2018年は下落相場が続いた中でも、ウォール街の顧客を持つ複数の大手金融企業がカストディーサービス提供を発表、または検討している企業が現れている。

今秋、仮想通貨取引所Coinbaseと仮想通貨保管・管理サービス企業のBitGoがそれぞれカストディアンとして米政府から認可を受けた。

10月には大手金融機関のFidelity社が仮想通貨管理(カストディ)サービスの提供に向け、新たな関連会社を設立したことが注目を浴びた。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B