大手通信機器メーカーHuaweiの商業用ブロックチェーンサービス、国際市場で本始動

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

大手通信機器メーカーHuaweiの商業用ブロックチェーンサービス、国際市場で本始動
 

大手通信機器メーカーHuaweiの商業用ブロックチェーンサービス、国際市場で本始動

Huaweiの商業用ブロックチェーンサービス(BCS)、国際市場で本始動
中国の最大手通信機器メーカーファーウェイが商業用ブロックチェーンサービスを、国際市場でも正式に開始したと発表した。企業向けの最適化システムは『5〜10分』で構築可能だという。

また多様なビジネスに適したブロックチェーンシステムが、より時短(5~10分)で構築可能だという。

現在、多数の企業がブロックチェーン技術に関心を示し、アプリケーションの導入を検討しているが、「クラウド×ブロックチェーンの分野は高度な専門知識が必要」という先入観から、「ハードルの高い」と躊躇する企業も少なくないとされている。

Huaweiは、様々なアプリケーションやIoT(モノのインターネット)、金融といった多方面における利用が期待されているBCSが、こうした未知の世界に対する固定観念を、より身近で実用的なものへと変えていくと示している。

スマートフォンメーカーとして出荷台数ではAppleを追い抜き世界第2位に躍り出たHuaweiだが、制覇を狙う市場はスマホに留まらず、クラウドやブロックチェーンを筆頭とする広範囲なイノベーション分野でトップの地位を狙っている模様だ。

そして、Linux Foundationの運営する「Hyperledger Project」に2016年から参加しており、現在ではアジアで唯一の参加企業として、ブロックチェーン実装のパフォーマンス特性を追跡可能にするベンチマークツール「Hyperledger Caliper」をIBMやOracleなどと共同開発するなど、積極的な支援を続けている格好だ。

一方で、クラウドを利用したブロックチェーン関連サービスを提供しているのは、Huaweiだけではない。

企業は同サービスを利用することで、簡単にスケーラブルなブロックチェーン・ネットワークを構築可能になる。またフルマネージドサービスの台帳データベース「Amazon Quantum Ledger Database(QLDB)」に、ブロックチェーン・ネットワークの改ざん不可能なアクティビティのコピーを複製することが可能なため、オフラインでもネットワークのアクティビティ容易に分析できる。

なお、Microsoft Azureが提供するクラウド・ブロックチェーンアプリケーションの構築システム「Blockchain Workbench」などを加え、「シンプルかつ柔軟にブロックチェーンをビジネスに取り入れる」というコンセプトを追求・発展させることで、ブロックチェーン採用の幅がさらに広がるのではないだろうか。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B