SBI北尾代表がビットコインキャッシュのハッシュ戦争で強い懸念を表明『仮想通貨の採掘シェア3割保有で保有構造を是正したい』

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

SBI北尾代表がビットコインキャッシュのハッシュ戦争で強い懸念を表明『仮想通貨の採掘シェア3割保有で保有構造を是正したい』
 

SBI北尾代表がビットコインキャッシュのハッシュ戦争で強い懸念を表明『仮想通貨の採掘シェア3割保有で保有構造を是正したい』

SBI北尾代表がBCHのハッシュ戦争に危機感
マイニング事業を行うSBIの北尾代表は、株主向け説明会で、仮想通貨の暴落を招いたビットコインキャッシュのハードフォーク問題及びハッシュ戦争について強い懸念を表明した。

(注)以下は、北尾代表の発言要旨をCoinPost編集部で見やすくまとめたものであり、発言内容には一部意訳が含まれます。

北尾代表

最大の問題は、中国で産業向け電気料金が(政府の援助で)安価だったため、(仮想通貨市場の黎明期から)ビットコインマイニングを一気に促進したことだ。

マイニングされた仮想通貨ビットコインの購入者は、法定通貨「元」の代わりに中国国外に持ち出して、米ドルに換えるような動きがあった。これを問題視した中国政府が仮想通貨の本格規制に乗り出し、取引所ごと取り締まったという経緯がある。

そのような過去があり、ビットコインシェアの内、約70%以上を中国人が保有している現状がある。

マイニングによって莫大な資産を築いた彼らが、”欲とエゴ”で合意なきハードフォークを行なったのが今回の出来事という認識だ。

今回の件は、周囲を巻き込んだハッシュ戦争で、仮想通貨全体のイメージ低下などにつながり、ビットコインの暴落要因になったと考えている。

(スケーラビティ問題の解決など)本当に必要なもので、みんなの合意の下に行われるハードフォークであれば良いのだが、今回の敵対的ハードフォークは問題だ。

このような保有構造を改善するため、採掘(マイニング)シェアの3割ほどを獲得することで、(株式会社の大株主のような状態になることで)市場を是正しようと考えている。

マイニングによって莫大な資産を築いた彼らが、”欲とエゴ”で合意なきハードフォークを行なったのが今回の出来事という認識だ。

今回の件は、周囲を巻き込んだハッシュ戦争で、仮想通貨全体のイメージ低下などにつながり、ビットコインの暴落要因になったと考えている。

(スケーラビティ問題の解決など)本当に必要なもので、みんなの合意の下に行われるハードフォークであれば良いのだが、今回の敵対的ハードフォークは問題だ。

SBIホールディングスは、2017年8月に「SBI Crypto」を設立。ビットコインキャッシュ(BCH)を中心に海外でのマイニングを行っていた。

以前から、SBIホールディングスの経営近況報告会や決算説明会にて、「マイニング事業」参入の経緯について以下のような見解を示し、抱負を語っている。

2017年10月13日時点でも、「ビットコインマイニングプールのシェアが、上位6プール中5社が中華系マイナーで、その5社のみで全体の60%以上を占める事態となっていることを危惧。

2018年夏には、ビットコインキャッシュ(BCH)」に注力する理由として、以下の理由を挙げていた。

「SBIグループがマイニングにより仮想通貨のシェアを取得し、市場の健全化を目指す」との目標に向けて取り組みを進めた結果、

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B