シンガポールの規制当局がICO法的規制の包括的ガイドを発表

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

シンガポールの規制当局がICO法的規制の包括的ガイドを発表

シンガポールの規制当局がICO法的規制の包括的ガイドを発表

11月中旬、シンガポールの金融当局(MAS)は、ICO(イニシャル・コイン・オファリング)を利用して資金調達を検討する企業向けのガイド「A Guide to Digital Token Offerings」を発表しました。

当局は、2017年8月に有価証券としてみなされる数種類のトークンが、株式、社債、ビジネス・トラスト・ユニット、および有価証券に基づくデリバティブ契約と同じ法律に従うべきであると述べていました。

ガイドによれば、特定の条件を満たすトークンは規定を免除される。例えば、360万ドル(約4億円)未満の規模、50人未満の投資家に配布される場合、機関投資家/適格投資家の間で分配されている場合などだ。

トークンを販売する人は3種類に分類されています。トークンを作成する人、トークンが取引される取引所を管理する人、これらのトークンに関する金融助言を提供する人だ。MASは、これらの3つの活動は法律の対象であると宣言しています。

プロジェクト・オーナーは、CMS(Capital Market Service)ライセンスを取得する必要があり、金融アドバイスの提供者は金融顧問法(FAA)の定める金融アドバイザリーライセンスを保持しなければならず、取引所の所有者はMASによって承認されなければならない。これには、海外からシンガポール人に金融助言を提供する人も含まれます。

当局は、例えトークンが証券ではなくても、反マネーロンダリングやテロ義務の遵守を証明するためのライセンスが、まだ必要かもしれないと述べている。これには、疑わしい取引すべてを警察に報告すること、一般に当局からテロリストと過去にみなされた人々と取引しないことが含まれる。

この文書には、11の異なる仮定条件に基づいた、11種類の法的区分が記載されている。例えば、ブロックチェーン上のサービスを購入するためにトークンが使用される場合(パブリックに利用可能な取引所はなく、会社の議決権も無いなど)は、デジタル支払いトークンとはみなされない。

トークンが株式のデジタル表現として使用されている場合、シンガポールで適法に機能するためには、膨大な法的要件をクリアする必要があります。しかし、同じ会社のトークンが海外でしか利用できない場合、これらの法律の多くは適用されない。また、「ファンド・マネージャー」とみなされる場合、特定のライセンスが必要となります。

シンガポールは最近、主要な国際暗号通貨カンファレンス「Fintech Festival」を主催しました。同国はデジタル通貨をリーガルテンダーとは考えていませんが、避けられないものとしてみなさられています。同会議で、米Ripple社CEOのブラッド・ガーリングハウス氏は、当管轄地域の規制上の明確さにより、フィンテック企業は参入しやすくなると述べました。

日本のLINEと香港のバイナンスの両方は、主要な暗号事業の拠点を置いています。10月、東南アジアで最長の30年の歴史を誇るベンチャーキャピタルファンドVertex Ventures Networkは、バイナンスへの戦略的投資を行い、同社と協力してシンガポールに新たな支店を設立すると発表。投資資金は主にバイナンス・シンガポールを設立して、フィアット(法定通貨)対クリプトの取引サービスの提供に利用されます。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B