中国のIT大手ファーウェイ(HUAWEI)がクラウド事業でブロックチェーン・サービスを開始

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

中国のIT大手ファーウェイ(HUAWEI)がクラウド事業でブロックチェーン・サービスを開始

中国のIT大手ファーウェイ(HUAWEI)がクラウド事業でブロックチェーン・サービスを開始

11月末、中国のIT大手HUAWEI(ファーウェイ)のクラウドサービス部門であるHuawei Cloudは、ブロックチェーン・サービス(BCS)のローンチを発表しました。今年初めに国内向けに商業利用が開始されていたBCSは、Huawei Cloudで世界中のユーザーが利用できるようになりました。

新サービスにより、世界中の開発者は、Huawei Cloud上のブロックチェーンアプリケーションを素早く最小コストで作成、デプロイ、管理できるようになります。発表によると、BCSグローバル版のローンチは、分散型グローバル・ブロックチェーンプラットフォームの基盤となるという。

BCSはブロックチェーンと、従来のHuawei Cloudコンテナとセキュリティ技術のアドバンテージを有効活用するクラウドサービスです。BCSは、IoT(Internet of Things)、データアプリケーション、金融など、あらゆる業界に適用可能。利用シーンとして、アイデンティティ検証、食品供給源の追跡、遠隔医療、データトランザクション、IoTデバイス管理、情報の証明、および自動車分野に特化したIoV(Internet of Vehicles)等、様々なシナリオが想定されている。

Huaweiは、クラウドサービスに分散型台票技術を導入することで、さらなる進歩を遂げている。Huaweiが導入したブロックチェーン技術のアプリケーションは、既に様々な業界の企業によって模索されています。

Huaweiによると、BCSは柔軟性が高く効率的なため、複数の役割を持つノードやメンバーの切り替え、参加、または退出を容易に行える。また、複数の効率的なコンセンサスアルゴリズム(TPS 5,000以上)を提供する。さらに同社が強調する利点は、低コストなデプロイと維持管理費の低減だ。これは、統一された管理とセキュリティとプライバシーの保護により実現されます。また、ユーザー、パーミッション、秘密鍵を管理・隔離できる他、ユーザーにマルチレイヤー暗号化とプライバシーが提供される。

Huaweiは2016年に、Linuxファウンデーションが主導するブロックチェーン・オープンソースプロジェクトHyperledger(ハイパーレジャー)に参加しました。Hyperledger FabricとSTLへの継続的な技術やコードの貢献のため、Huaweiはこれらのサブプロジェクトでアジアから唯一のHyperledgerのメンテナーとなっています。

11月、HuaweiやTencent等の中国の大手企業の支援を受けるコンソーシアム「FISCO」は、オープンソースのブロックチェーンエコシステム「FISCO BCOS」をデビューさせていた。企業レベルの分散型台帳(DLT)ソリューションを提供するBCOSは、「Hyperledger Fabric」と同様に完全にコインレスです。BCOSは、DLTを採用しようとする企業向けのアプリケーションとしてテンプレートの地位を目指していました。FISCO BCOSを構築したタスクフォースは、WeBank、Tencent Cloud、Shenzhen Securities Communicationが主導しました。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B