Ripple、NEM、カルダノ(EMURGO)、Fetch.AIが欧州ブロックチェーン協会を設立

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

Ripple、NEM、カルダノ(EMURGO)、Fetch.AIが欧州ブロックチェーン協会を設立

Ripple、NEM、カルダノ(EMURGO)、Fetch.AIが欧州ブロックチェーン協会を設立

Ripple、NEM、カルダノ/ EMURGO、Fetch.AIの4つの主要なブロックチェーン企業が集まり、欧州のブロックチェーン共同組織「Blockchain for Europe(BFE)」協会を設立しました。BFE協会は11月27日に4つの欧州議会グループと、サミット「Blockchain for Europe」を開催しました。

4日の発表によると、BFE協会は欧州のブロックチェーン・エコシステムが統一見解を形成する、最初の信頼できる試みです。NEM欧州のブログは次のように述べています:

「欧州における政策論議は、断片化されています。ブロックチェーン部門外の人々から矛盾した情報が寄せられて、コンセンサスに至るのは困難です。」

この協会の目標は、ブロックチェーン技術の可能性について、EU内での理解を促進することです。また、今後欧州の規制が、地域のイノベーションを促進するのに役立つ物になるよう働きかけます。

組織のメンバーは、ブロックチェーンのスペースのビジネスで形成されています。彼らはまた、グローバルなブロックチェーン技術の発展を後押しする、最適な規制案の策定を目指しています。

BFE協会は11月27日に4つの欧州議会グループと、サミット「Blockchain for Europe」を開催しました。ここでは、輸送、医療、ガバナンス、およびその他の問題について議論するため、世界的なステークホルダーが集まりした。イベントの議論では主に、企業と政策立案者が透明性を持って働く上で、ブロックチェーンが提供できる利点が強調されました。

米Ripple社規制関係責任者ダン・モーガン氏は、「(今は、)欧州の政策立案者がブロックチェーンやデジタル資産の利点をもたらす規制の枠組みを開発する、重要な時期である。」と強調しました。

NEM財団の共同設立者クリストフ・ヴァン・デ・レック氏は、ブロックチェーン技術のオープンな分散型アプリケーションに関して、偏よった情報が多いと指摘しました。同氏は、他の企業やステークホルダーと協力して、そうした情報が「特定の組織や利害関係者のアジェンダに合ったものではない」ことを納得させて、誤解を解消できたと述べました。

EMURGOのCIO、Manmeet Singh氏は次のように述べています;

「カルダノの採用をグローバルに推進するEMURGOのミッションのもと、当社は欧州の機関と協力して、ルールと規制の作成に熱心に取り組んでいます。これにより、ブロックチェーン技術が世界的に繁栄し、第3世代のブロックチェーンであるカルダノの影響力拡大に繋がります。全てはEU当局のリーダーシップの下にあります。」

Blockchain for Europeは、政策立案者、業界のプレイヤー、学界との更なる対話を計画しています。協会は欧州をブロックチェーン技術のパイオニアとするよう、貢献したいと考えています。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B