提携が続くネム(XEM:NEM)が逆行高、ビットコイン建てで8月中旬の水準へ推移

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

提携が続くネム(XEM:NEM)が逆行高、ビットコイン建てで8月中旬の水準へ推移

提携が続くネム(XEM:NEM)が逆行高、ビットコイン建てで8月中旬の水準へ推移

最近数ヶ月間に発表された注目すべきパートナーシップを反映して、暗号資産ネム(XEM:NEM)の価格は火曜日に上昇、時価総額を市場16位の規模に戻しています。

4日、NEMブロックチェーンのネイティブ通貨XEMは、10.1%上昇して最大0.0819ドルとなり、5日ぶりの最高値を付けました。この日ネムはトップ20コインの中で、バイナンスコイン(BNB)に次いで好調でした。

コインマーケットキャップによると、取引量は前日比50%増加となる1410万ドルを記録。最大の取引市場はExratesの対BTCであり、出来高の3分の1以上を占めました。XEM取引の他の主要な市場は、バイナンスとZaifで、それぞれ12%と11%を処理しました。

5日朝の時点で、ネムの価格は1XEM=8.73円、前日比4.1%高となっています。時価総額は785.5億円で市場16位にランクしています。BTC建てレートは0.00002009で前日比7.1%上昇。11月中旬のコインチェック再上場以来の好調を維持しています。

NEMは、他の暗号通貨と同様に、11月に急激な損失を記録しました。しかし、下げ幅はビットコインやアルトコイン(BTC)に比べてはるかに限定的です。BTCが先月30%以上減少したのに対して、XEMは16%減少。XEMの調整は既に終えているかもしれません。

NEMブロックチェーンは、最近、数多くの有望なパートナーシップを確保し、プロトコルの幅広い採用の舞台を拡げています。NEMは、業界トップ水準のトランザクションレートを実現するように設計されています。NEMは、パブリックブロックチェーンとプライベートブロックチェーンアーキテクチャの両方のエンタープライズ採用に魅力的な選択肢です。

10月にNEMは、アラブ首長国連邦(UAE)の地域開発省(MOCD)と協力協定を締結しました。両者は、ブロックチェーンプラットフォームや新興技術に関する情報、知識、最新の更新情報を交換することで合意しています。ドバイは2021年までに「完全なデジタル政府」を実現させて、2020年までに「ブロックチェーンを動力とする世界で最初の都市」になることを目指しています。NEMはこれらのイニシアティブを支援するかもしれません。

11月末にNEMは、シンガポールのデジタル資産カストディ会社KeySafeBankと提携しています。NEMブロックチェーンのセキュリティソリューションは、暗号通貨を安全に保管し続けるように設計された、カストディ・プラットフォームに使用されます。このスキームには、暗号資産保険PALネットワークも参加しています。

最近、NEM北米地域責任者Alexandra Tinsman氏は、台北の技術フォーラムで、規制のボトルネックにもかかわらず、今後5年間にブロックチェーン・アプリケーションのブームが予想されると語りました。NEMは、分散型取引所、分散型投票システム、少額決済など、今後数年に台頭が予想される主要なブロックチェーンの利用例を既にカバーしています。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B