2019年6月に大型アップグレード、『イーサリアム 1.x』の進捗状況まとめ

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

2019年6月に大型アップグレード、『イーサリアム 1.x』の進捗状況まとめ
 

2019年6月に大型アップグレード、『イーサリアム 1.x』の進捗状況まとめ

イーサリアム 1.xの進捗状況
イーサリアム・バーチャルマシンからeWASMへの移行が予定される「イーサリアム 1.x」の開発が加速している。2019年6月を予定している大型アップデートに向け、4つのチームが各種問題の解決を試みている。

イーサリアム・バーチャルマシンからの移行が予定される”eWASM”は、イーサリアム仕様のウェブアセンブリで、移植性に優れ、容量や読み込み時間の効率性が優れているという特徴があるとされる。

ethereum 1.xのコードの変更点こそ現時点では決定していないが、2019年6月を予定しているアップデートに向けて、様々な意見交換がされている。

それら意見の中には、アップグレードする際に空のステートで、新たにチェーンを作成するといった提案まで存在する。

ただし、イーサリアム開発者らの間では、2020年までに「ethereum 2.0」を導入することは厳しいのではないかとの見方も広まっている。

それゆえ、近い将来に実行できる中道の案を何か考え、現在抱えているスケーラビリティなどの問題を少しでも解決する必要があるとの声が上がっていた。その中で生まれた案が「ethereum 1.x」だ。

ethereum 1.xの提案は、突発的なものであり、一部で論争に発展した。Devcon4の開催時、ethereum 1.xに関しての議論が内密に行われたことから、一部では不快感を示すメンバーもいたという。

Parityイーサリアム・クライアントのリリースマネジャーSchoedon氏も、(コミュニティの分裂を防ぐため)コミュニティのステークホルダー全体で「最終的に論争が巻き起こらないよう」全ての案を出し合い語り尽くすことが肝要だとしている。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B