ガスプロムバンク(スイス)が暗号資産カストディと取引サービスを来年開設

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ガスプロムバンク(スイス)が暗号資産カストディと取引サービスを来年開設

ガスプロムバンク(スイス)が暗号資産カストディと取引サービスを来年開設

木曜日、ロシアのガスプロムバンク(1*)は、スイスで暗号資産管理サービスを開設する計画を発表しました。銀行はブロックチェーン技術企業Avaloqや、カストディ企業METACO社と提携してシステムを構築します。3社のリリースによると、機関レベルの新しいサービスは2019年中旬に銀行のスイス部門でライブになる予定です。Finewsが伝えました。

来年システムが稼働すると、ガスプロム銀行のバンキングや資産管理顧客は、暗号財産や通貨の購入・売却・転送を一元管理できるようになります。暗号ウォレットや秘密鍵管理は不要です。顧客にとって、暗号通貨ウォレットまたは秘密鍵の管理は不要となる。

ガスプロムバンクは、ブロックチェーン技術会社METACOに開発されたプロダクト「SILO」を使用します。SILOは企業がデジタル資産を安全に保管し、取引を行うことを可能にするカストディソリューションです。カストディは、暗号通貨事業を検討する金融機関にとって、重要な懸案事項の1つとされてきました。

METACO社の「SILO」は、Avaloq社のバンキングスイートプロダクトに統合されます。より確立された伝統的な機関であるAvaloqは、HSBC、バークレイズ、ロイヤル・バンク・オブ・スコットランドなどの主要な金融機関に、コア・バンキング・プロダクトを提供しています。

Avaloqの高品質なバンキングスイートは、上記のような大手機関で既に広く使用されるプロダクトです。Avaloqのユーザーは、その顧客との調整や口座残高の管理に必要な一連の作業を実行しています。

バンキングスイートへのSILOの統合により、包括的な暗号通貨管理プラットフォームが実現しました。ガスプロム銀行は、これを採用します。Avaloq社のCTOトーマス・ベック氏は以下のように述べています;

「METACOストレージソリューションの緊密な統合のおかげで、銀行業および富裕層の顧客は、暗号通貨で取引する際に第三者を信頼する必要はありません。1つのポートフォリオ・ビューで、すべての資産クラスを統合することにより、最高レベルの利便性と使いやすさを保証します。」

ブロックチェーン技術の発展により、暗号技術は機関投資家にとって魅力的なものになっています。先週木曜日、欧州の4つの銀行(コメルツ、ING、ナティクシス、ラボバンク)は、ブロックチェーン・コンソーシアムのスタートアップR3が開発したCorda(コーダ)プラットフォームで、短期債券のライブトランザクションを処理しました。

(1*)ガスプロムバンク(Gazprombank):
ロシアの天然ガス独占企業のガスプロムの子会社であり、ロシア三大銀行の一つで非国有銀行。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B