ビットコインとイーサリアムは「売られすぎ」ファンド責任者がネットワーク・バリューを根拠に分析|仮想通貨市況

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコインとイーサリアムは「売られすぎ」ファンド責任者がネットワーク・バリューを根拠に分析|仮想通貨市況
 

ビットコインとイーサリアムは「売られすぎ」ファンド責任者がネットワーク・バリューを根拠に分析|仮想通貨市況

仮想通貨市場
ビットコインは依然右肩下がりの相場を形成、全面安相場が続く仮想通貨市場を分析する。ファンドの責任者は、現在のビットコインやイーサリアム価格を売られすぎであると分析、ネットワーク・バリューを根拠として提示した。

短期的な値動きを見ると、BTCFXマーケットも停止されることで警戒されたbitFlyerのメンテナンス時間(11日1時)のタイミングで大きな急騰が見られたものの、11月から続く重要サポートライン(オレンジライン)を抜けることができず、すぐに売りに転じる場面が見られた。

BITMEXのXBT(BTC)USDチャートで確認すると、本日も安値こそ更新しているものの、チャネルでのチャートパターンも含め、依然レンジ内で推移する動きが継続している。

厳しい相場が続く仮想通貨市場は、特に弱気相場の特徴が顕著に会わられており、アルトコインの個別ファンダの影響減や、出来高の減少が見られている。

XRPが2位に浮上するなど動きもあった仮想通貨だが、主要通貨(特にBTC)の弱気相場打破が要となりそうだ。

多くの現物取引では、下落相場に相関する形で減少傾向が見られているが、現在盛り上がっている変化も2点ある。

特に人気を博すBITMEXの出来高は、直近の暴落相場のボラティリティに影響され大きく上昇、仮想通貨が最も盛り上がった年初水準と大差ない出来高を維持している。

また2つ目に挙げるのは「ステーブルコイン(価格安定通貨)」の人気上昇だ。

これまでステーブルコインの代表格(実際に大半のシェア)であったUSDTも、レバレッジ取引同様に人気が低迷した現在も年初水準の出来高を維持している。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B