リップル社CEOが示す2019年仮想通貨業界の課題|取引所上場ビジネスの裏側も指摘

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

リップル社CEOが示す2019年仮想通貨業界の課題|取引所上場ビジネスの裏側も指摘
 

リップル社CEOが示す2019年仮想通貨業界の課題|取引所上場ビジネスの裏側も指摘

リップル社CEOが来年浮き彫りとなる課題を予想
仮想通貨界隈から意見が重宝されているリップル社のCEOであるブラッド・ガーリングハウス氏がツイッターで2019年に仮想通貨業界で語られる課題は情報の開示であると指摘した。取引所の不明確とも捉えられる上場プロセスにおいてさらなる透明性向上を求めた。

ガーリングハウス氏が目を通しておくべき内容として紹介した記事を紹介。同記事内では、仮想通貨取引所に通貨が上場した際に、(取引所が規制当局や顧客に対し)どの程度の情報を、いつまでに開示す流必要があるのか?という現在仮想通貨市場で疑問視される問題について掲載されていた。

仮想通貨の取引所においては断トツで1位の出来高を誇るバイナンスでは、最低でも2つの通貨がこのような疑惑に関与していると指摘されている。

その後Power Ledgerが11月1日にバイナンスに上場、最大で200%上昇した。

また仮想通貨時価総額ランキングで42位を誇るICON(ICX)も12月18日にバイナンスに上場しており、その際に+300%以上と値が大きく動いている。

上述の2通貨はバイナンスに上場し一週間以内で、Power Ledgerが258%、ICONが144%の上昇をそれぞれ記録している。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B