カナダの都市が最初の公的なデジタル通貨「カルガリー・デジタル・ドル」をローンチ

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

カナダの都市が最初の公的なデジタル通貨「カルガリー・デジタル・ドル」をローンチ

カナダの都市が最初の公的なデジタル通貨「カルガリー・デジタル・ドル」をローンチ

カナダで最初のパブリックなデジタル通貨「カルガリー・デジタル・ドル(CDD)」がローンチされました。これは、アルバータ州カルガリー市内で、日々の支払いに利用されます。7日にグローバル・ニュースが報じました。

カルガリー・ドルはスマートフォンアプリを使い、プログラムに参加しているショップやレストランのリストを表示します。

カルガリー・ドルは、市、中小企業、非営利団体のイニシアチブであり、地域経済で生み出されたマネーをエコシステム内で循環するために導入されました。新たなデジタル通貨について、市内の企業は、少なくとも10%の支払いをデジタル通貨で受け入れ、時には100%受け入れることが義務付けられています。

リメイク店Solita Workのオーナーは、中小企業がカルガリー・ドルを使用することには多くの利点があると述べています;

「本当に大きな利点の1つは、カルガリーのドルを使ってビジネス・ライセンスの半分をカルガリー市に支払うことができるということです。」

また同氏は、買い物客が通貨を購入することを願って、プログラムについて顧客に教育しています。

「地元で支払われた1ドルは、外部の企業に費やすよりも、コミュニティ内部で循環します。」

アルバータ州の Joe Ceci財務官はデジタル通貨が地元企業を盛り上げる事を期待していると述べました;

「今、物事がローカルで起きており、人々がお金を稼いでいる。人と会い、取引して交流する事はとても楽しいものです。(アルバータ州政府は)あらゆる面でカルガリー・ドルの仕事を支援します。」

カルガリー・ドルのモバイルアプリは、クラシファイドサイトの代わりに使用できます。ユーザーは、カルガリードルと引き換えに商品を販売し、その収益で地元の企業から購入できます。Gerald Wheatley氏は、カルガリー・ドルは、売り手にとって地元でのプロモーションに最適だと語ります:

「利用者は最初の5本の広告用に5カルガリードルを取得します。これは一般的なクラシファイド広告よりも、支払に対して成果を得られます。」

ユーザーは、デジタル通貨で、乗車券、食料品の購入、その他の商品やサービスを支払うことができます。デジタル通貨を使って様々な地元の団体に寄付する事もできます。ビクトリアパークのビジネス改善エリアでは、顧客に報酬プログラムとしてデジタルドルを付与しており、買い物客はカルガリードルで支払う際に10%ボーナスを享受できます。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B